『わろてんか』第75話では、風太(濱田岳)が「安来節乙女組」の総監督に

写真拡大

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。明日放送の第75話では、「安来節乙女組」を高座に上げるために、風太(濱田岳)が総監督を務める。

参考:『わろてんか』トキが風太にビンタしたワケ 波乱の第12週を振り返る

 第74話では、安来節の踊り手を、藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)が大阪に連れ帰る模様が描かれた。第75話では、てんは島根から連れて来た安来節の踊り子四人のために女子寮まで用意し、大阪のお母ちゃんとして生活全般の面倒をみることに。「安来節乙女組」という名前をもらった四人娘は、都会での共同生活に慣れない上、仲間内のケンカも絶えず、稽古でもバラバラで踊りがまったく合わない状態になる。乙女組が高座に上がれるかどうか不安になったてんと藤吉は、風太に総監督を任せることに……。

 本作は、笑いをビジネスにした日本で初めての女性・藤岡てんの一代記を描く“愛と笑い”の物語。明治から昭和初期の大阪を舞台に、主演の葵わかなをはじめ、松坂桃李、広瀬アリス、徳永えり、大野拓朗、前野朋哉、大後寿々花、藤井隆、内場勝則、濱田岳、高橋一生ほからがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)