柳俊太郎が林遣都の尻を警棒で殴る様子も 『チェリーボーイズ』予告編&場面写真

写真拡大

 2018年2月17日に公開される映画『チェリーボーイズ』の予告編と新場面写真が公開された。

参考:坂口健太郎に続け! 若手“メンノンモデル”俳優、清原翔、柳俊太郎、宮沢氷魚に注目

 本作は、古泉智浩の同名コミックを実写化した青春映画。とある地方都市を舞台に、仕事も恋愛もうまくいかず、何事にも中途半端な25歳の童貞3人組が、自分を変えるために立ち上がる模様を描く。

 林遣都がクンニこと国森信一役で主演を務めるほか、柳俊太郎がビーチクこと吉村達也役、前野朋哉がカウパーこと高杉誠役、池田エライザが3人組の脱童貞大作戦のターゲットにされるヒロイン・釈笛子役をそれぞれ演じる。『アズミ・ハルコは行方不明』の松居大悟が脚本を手がけ、助監督として黒沢清監督や三池崇史監督に師事してきた西海謙一郎が監督を務めた。

 公開された予告編は、冴えない3人が、田舎町のコンビニでお互いの経験値を確認し合う姿から始まり、立つ童貞大作戦遂行のため、警棒、催涙スプレー、スタンガンの威力を試したり、ファミレスでおバカな会議をしたりする様子が映し出される。

 一方の場面写真には、カラオケボックスで仏のごとく無の表情をする(ブーチン)や、この町一番の悪と称される五木(般若)と楽しげに会話する笛子の姿などが切り取られている。

 また、西海監督と原作の古泉からはコメントが寄せられている。

【西海謙一郎監督 コメント】助監督という商売をはじめて25年。長篇映画を撮るチャンスは僕にはありませんでした。しかしこの度、クンニ、ビーチク、カウパーの童貞歴25年が僕の25年と見事にシンクロし、やっと発射することが出来たのです! 「やらなければ一生クズのまんまだ」撮影で挫けそうになった時、僕はクンニの言葉をいつも呟いていました。とにかく今は僕の発射に力を貸していただいた皆様に感謝の言葉しかありません。これからも飛ばしたいです。ピュッて!

【原作・古泉智浩 コメント】今のご時勢にあってこの映画の攻めの姿勢がすごすぎないでしょうか。原作者ではあるのですが、監督やスタッフの皆さん、出演者の方々がこんな原作に携わっていただき感謝と共にリスクが心配でなりません!

(リアルサウンド編集部)