「クロスビー」を発表する鈴木社長

写真拡大

 スズキは25日、新たな小型車「クロスビー」を発売したと発表した。ワゴンの特長である室内空間の広さと使いやすさ、スポーツ多目的車(SUV)が持つ走行性能を融合。幅広い用途に対応できる小型車として訴求する。消費税込みの価格は176万5800円から。月間2000台の販売を目指す。

 安全機能では、後退時の自動ブレーキと後方誤発進抑制機能を同社の小型車で初めて搭載。周囲を立体的に360度確認できる映像表示機能も採用した。

 また軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォームを採用。同社初となる排気量1000ccの直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドの組み合わせにより、燃費はガソリン1リットル当たり20・6キロメートル以上を実現した。また4輪駆動車には雪道での発進をサポートする「スノーモード」など路面状況に応じた走行補助機能も搭載した。

 クロスビーの投入に伴い、登録車の国内での年間販売台数目標を従来の10万台から12万台に引き上げた。鈴木俊宏社長は「クロスビーが加わり、小型車のバリエーションが豊富になった。それぞれの特長を生かし、幅広い顧客にスズキの小型車を広げていきたい」と小型車の拡販に意欲を示した。