2017年に古希を迎えた小田和正(70)の全国ツアー『明治安田生命Presents 「KAZUMASA ODA TOUR2018」』が開催されることが発表となった。

同ツアーは、2018年5月4日(金・祝)グランメッセ熊本から10月31日横浜アリーナまでの全国21会場48公演(動員は約40万人)。前回、ベストアルバム『あの日 あの時』を引っ提げての全国ツアー「KAZUMASA ODA TOUR2016 君住む街へ」時68才だった小田は、各会場で「地方で、各地でまた会いましょうと、みんなの顔をみてたらつい約束したくなっちゃってね。またそんな機会がきっと来ると信じていたいと思います。」とMCで話しており、今回約束どおり2年前の34万人動員を超え40万人の人々が待つ全国アリーナツアーを実施する事になった。

70才でこの規模の全国アリーナツアーを行っているアーティストは他には無く、事実上、“最年長全国アリーナツアー”である。前回、平日開催会場が多かったにも関わらずチケットは全会場即日完売。今回も同様にチケット入手は困難となりそうだ。

先日、2018年3月10日(土)公開の「坂道のアポロン」の主題歌『坂道を上って』を書きおろし話題となったが、毎回新曲を持って全国ツアーに向かう小田は、未だCD化されていない新曲も初披露する予定で、是非会場に足を運びライブで聞いて欲しい。

古希を迎えても、新曲発表や全国ツアーなど精力的に音楽活動を行う小田和正、2018年の活躍に注目が集まる。