自宅ドリップ派に朗報!スタバで「シングルオリジン」コーヒー豆が買えるんです

写真拡大 (全3枚)

コーヒー好きにとって、コーヒー豆の産地や焙煎方法などはこだわりたいポイント。さらに自宅ドリップ派の人なら、コーヒー豆を複数ストックしておき、その日の気分に合わせてコーヒー豆を選んだりもしますよね。もっとこだわる人になると「エチオピア」「ケニア」など“特定の国”で生産されたコーヒー豆を指名買いする、なんてこともあるのではないでしょうか。

そして最近注目なのが、産地をさらに細かい“地域”や“農園”“生産者”単位まで絞り込んだ「シングルオリジン」と呼ばれるコーヒー豆なんです。

そんな、産地を絞った希少な「シングルオリジン」がこれからは、「スターバックス シングルオリジンシリーズ」として、コーヒー豆を取り扱う全国のスターバックスすべての店舗で購入可能に。それはすなわち、こだわりの豆を手軽に全国のスタバで買えるようになるということ。これって画期的かも!

■そもそも「シングルオリジン」って?

そもそもコーヒー豆は、国や産地によって酸味、苦みといった味の特徴が異なります。よく聞く「ブレンド」とは、複数の国や産地で採れたコーヒー豆をミックスすることにより味が作られたコーヒーです。一方「シングルオリジン」は、“○○地域” “▲▲農園”など、より小さい単位の産地で収穫され、土地に合った方法で加工されたものになります。

スターバックスでは特定の国や地域で生産されたコーヒーを「シングルオリジン」と定義。これまでも特定の国で生産されたコーヒーを販売していましたが、今回の「スターバックス シングルオリジンシリーズ」では“地域”まで指定したコーヒー豆を採用しています。

▲収穫後の加工まで自分たちで行っているそう

スターバックス コーヒージャパン、コーヒービジネスチーム チームマネージャーの柴田さんによると

「『シングルオリジン』は米に例えるとわかりやすいかもしれません。同じ『コシヒカリ』でも“魚沼産”だと、その土地の個性が味わえて希少ですよね。それと似たイメージです」

とのこと。

 

■第一弾は「グアテマラ ウエウエテナンゴ」

「スターバックス シングルオリジンシリーズ」店舗販売第一弾として登場するのは「グアテマラ ウエウエテナンゴ」。その名のごとく、グアテマラという国のウエウエテナンゴ地方で生産されたコーヒー豆になります。

口に含むとダークチョコレートを食べたときのようなほのかな甘みが。そして飲んだあとは、ドライフルーツを食べたときのような後味が印象的。これは、コーヒー豆をギリギリまで追熟させ、濃いルビー色になってから収穫することで引き出せた味なのだそう。焙煎は深煎り。それにより少し濃く感じるかもしれませんが、仕事の合間などシャキッとしたいタイミングで飲みたい味です。

柴田さんによると「ダークチョコレートと相性がいい」とのことなので、ほっと一息つきたい昼下がりなどにお菓子とともにいただくのもよさそうです。

▲自宅にコーヒーミルがない人は、コーヒー豆を購入する際に店員さんに伝えれば、その場で挽いてもらえますよ!

「グアテマラ ウエウエテナンゴ」は自宅ドリップ用のコーヒー豆として100g〜販売されます。また、店頭でも、日替わりで異なるコーヒーを楽しめる「ドリップコーヒー」(Tallサイズ、税抜価格320円)で提供される可能性もあるとのこと。

この「スターバックス シングルオリジンシリーズ」、今後も約3か月ごとに新しいコーヒー豆が登場していくそうなので、コーヒー好きは要チェックですよ!

スターバックス シングルオリジンシリーズ「グアテマラ ウエウエテナンゴ」250g 1520円(税抜)

>> スターバックス

 

(取材・文/南場みなみ)