組体操で後遺症 男子生徒側が怒りを覚えた学校や先生の対応

ざっくり言うと

  • 小学校の組体操で後遺症が残り、男子生徒が区などに損害賠償を求めた裁判
  • 和解が成立したが、生徒側が怒りを覚えたのは学校や先生の対応だったという
  • 謝罪の言葉を述べなかった先生らを「反面教師に生きていく」と生徒は語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング