アンコールで転倒し頭を抱える宮原知子(撮影・長久保 豊)

写真拡大

 ◇フィギュアスケート メダリスト・オン・アイス(2017年12月25日 武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 女子エースの宮原知子(19=関大)は朝型転換の調整をする。平昌五輪のフィギュアスケートは午前10時の試合開始が多い。夕方、夜に行われる通常の大会とは異なる異例の日程で、選手はピークを夜型から変える必要がある。あと1カ月強の残された時間で、「大会スケジュールに合わせて、朝練を増やそうと思います」と対策を口にした。

 試合開始が早ければ、当然、当日の公式練習の時間のスタートも早朝になる。午前6時30分や7時開始がある。しかし、「早起きは苦手じゃないです」と意に介さず。「今も9時から練習をしているし、7時15分からもある。そんなに大変ではない」。“ミスパーフェクト”は朝夜不問だ。