新型コンパクトSUV「エクリプスクロス」。(画像: 三菱自動車の発表資料より)

写真拡大

 三菱の人気スポーツカーはSUVに生まれ変わった。三菱自動車は2018年3月に発売を予定している新型コンパクトSUV「エクリプスクロス」の予約注文の受付を22日から開始した。

【2月に発表】三菱自、新型SUV「エクリプス クロス」の詳細を公開

 エクリプスクロスは、2017年3月に行われたジュネーブ国際モーターショーで世界初公開。その名前は三菱自動車が1989年にアメリカで発売し、絶大な人気を博したスポーツカー「エクリプス」から受け継がれた。「クロス」はクロスオーバーを意味し、その2つを組み合わせて「エクリプス クロス」と名付けられた。クーペのようにしなやかでSUVの力強さを兼ね備えたそのデザインはまさに日食のダイアモンドリングのような美しさだ。

 インテリアには水平を基調としたインストルメントパネルに、立体的なシルバー加飾が美しい内装に仕上がっている。それに加えて、薄型ディスプレイオーディオとヘッドアップディスプレイが近未来的な空間を演出している。エンジンには1.5Lダウンサイジングターボを搭載し、駆動方式には電子制御4WDを採用。走行性能も申し分ない仕上がりになった。

 そして今回は「エクリプスクロス」の売り方にも注目したい。予約受付期間である2018年1月9日から2月4日の間に、「NIGHT SHOWROOM(ナイトショールーム)」というライブ配信を特設サイトで行う。この企画ではNIGHT SHOWROOMを通してエクリプスクロスを詳しく見て質問を送り、それに開発者やモータージャーナリストが答えていきエクリプスクロスの魅力を多くの人に伝えていくことが目的となっている。

 さらにNIGHT SHOWROOMでメールアドレスを登録すると、「先行特別展示」の案内やカタログで使用する写真を選んだ「プレミアムフォトセット」をプレゼントするキャンペーンが実施される。エクリプスクロスがもっと好きになること間違いなしの企画だ。これまでにない独自の売り方で「三菱の勝算」は見えてくるのか。「エクリプスクロス」がパジェロのように幅広く支持される看板SUVになるか注目だ。価格は約260万円〜310万円(消費税込)となる。