コードネームL6551と呼ばれるレンジローバー・イヴォーク次期型プロトタイプをキャッチしました。これまでのミュールボディとは異なる生産型と思われます。

初代でインパクトを与えたクーペルーフは継続されていることが分かります。また新しいサイドミラーを装着、ヘッドライトやテールライトはより薄くスポーティなデザインが採用されているようです。

注目はそのパワートレインです。新開発の1.5リットル直列3気筒インジニウム+電気モーターのハイブリッドエンジンで、パワフルかつ高燃費を実現します。そのほか、最高出力148psから237psへ向上する2リットルのディーゼルエンジンや、237psから296psへ向上する2リットルのガソリンエンジンなどがラインアップされるとレポートされています。

プラットフォームは、JLRの「D8」アーキテクチャ最新型により全幅をワイドにしつつ、よりスポーティに。現行モデルにラインアップされている3ドアは廃止され、5ドアのみになると予想されています。

ワールドプレミアは、2018年のパリモーターショーが有力です。

(APOLLO)

レンジローバー・イヴォーク次期型を初キャッチ!注目は新開発1.5リットル直3ハイブリッド(http://clicccar.com/2017/12/26/543220/)