(写真提供=SPORTS KOREA)「Wanna One」のパク・ジフン

写真拡大

今年の新語・流行語大賞は「インスタ映え」と「忖度」、今年の漢字には「北」など、今年1年の世相を表す“言葉”が続々と発表されている。

「忖度」という言葉が韓国で流行することはなかったが(ちなみに韓国語で忖度は“チョンタク”)、韓国でも「インタス映え」のような流行はあった。

素人美女イ・ジュビンさんが“歴代最高クラスのインスタ女神”と持て囃されたこともあったし、「最も愛されたアカウント」「TOP5アカウント」「最も成長したアカウント」という3部門からなる「インスタグラム・アワード」なるものも開催されたほどだ。

韓国の流行フレーズ「私の心の中に保存」

もちろん、韓国独自の新語や流行語も誕生している。

韓国には日本の「新語・流行語大賞」のようなものはないが、それでも各メディアやネットコミュニティが“今年の流行語”を選んで1年を振り返ったりする。

今年、韓国ではたくさんの流行語が世間を賑わせたが、なかでも印象的だったのは「私の心の中に保存」という流行フレーズだ。

これは、韓国で人気を博したアイドル選抜オーディション番組『プロデュース101 シーズン2』の参加者で、現在は人気急上昇中のアイドルグループ「Wanna One」のメンバーでもあるパク・ジフンが放った言葉だ。

(参考記事:“第2の防弾少年団”の可能性あり!? 今、最も勢いのあるアイドルグループ「Wanna One」とは?

『プロデュース101』は最近、AKB48の生みの親であり作詞家である総合プロデューサー秋元康氏とタッグを組んだプロジェクトを発表したので、その名をご存知の方々もいらっしゃるだろう。

この『プロデュース101 シーズン2』の5月5日放送分で「最もイケメンなメンバー」1位に輝いたのがパク・ジフンなのだが、彼は受賞の席で満面の笑みを浮かべながらこう言ったのだ。

「国民プロデューサー(視聴者)さん、私の心の中に保存〜」。そう言いながら指フレームを作ってみせた彼の仕草が、視聴者から「可愛すぎてたまらない」と大きな反響を呼び、それがそのまま流行語にまでなったのである。

それどころか流行語の“パクリ疑惑”まで起きたほど。パク・ジフンが番組内でそのフレーズを発する前から、防弾少年団のメンバーたちがSNSなどでかなり前から発信してきたという主張が防弾少年団のファンたちの間で巻き起こった。

もっとも、「私の心の中に保存」は単純に言葉を並べただけに新造語とはいえず、そのフレーズを“パクリ”と決めつけるのも難しい。

防弾少年団のメンバーたちは普段からSNSを積極活用するだけに、何気なく「私の心の中に保存」という言葉を使っていても決しておかしくはない。

話題や流行が生まれると“元祖”や“本家”争いがときたま起きるのが韓国であるが、「私の心の中に保存」もそれに近い争いともいえなくもない。

ただ、興味深いのは、この流行語が日本のTVアニメ『しゅごキャラ!パーティー!』(テレビ東京)から由来したということだろう。

同作は2008〜2011年にわたって韓国でも吹替え版が放送され、それなりの人気を誇った作品。パク・ジフンは「あたしの心、アンロック!」という主人公の決めゼリフと仕草にアレンジを加え、真似したのだという。

アニメ・マニアの戯れ事だと軽んじていることはできない。何しろ「私の心の中に保存」は、韓国コンテンツ振興院が選ぶ“今年上半期の最高流行語”にも選ばれるほど、韓国社会に影響を与えた。

8月17日の文在寅大統領就任100日記念イベントでは、大統領秘書室長をはじめ青瓦台の関係者たちがパク・シフンの仕草を真似して記念写真を撮って話題を呼んだこともあった。

若者が作り出した新語フレーズを大統領府の関係者たちまで使ったのだから、韓国版・流行語大賞があれば、間違いなくノミネートされていたことだろう。

「私の心の中に保存」。家族や友人との思い出を心に焼き付けたいとき、この流行フレーズを使ってみるのも面白いかもしれない。

(文=慎 武宏)