かつて、米アップルは、iPhoneの新モデル発売直後、その初日の予約注文台数や、最初の週末の販売台数を公表していた。しかし、「iPhone 6s」シリーズを市場投入した2015年から、同社はそうした数値を公表していない。

 つまり、今年(2017年)発売した「iPhone 8」シリーズと「iPhone X」の、この年末商戦における販売状況を知るには、来年1月の決算発表で明らかにされるシリーズ全体の販売台数から推測しなければならない。

(参考・関連記事)「アップル、『iPhone X』に注文殺到か」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51498

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

米国では精彩を欠く結果

 そうした中、米国の市場調査会社CIRP(コンシューマー・インテリジェンス・リサーチ・パートナーズ)が、このほど、同国のiPhone購入者300人を対象にアンケート調査を行い、その結果を米ウォールストリート・ジャーナルが報じた。

 それによると、iPhone Xが発売されてから1カ月がたった、12月3日までのiPhone 8シリーズとiPhone Xを合わせた全iPhone購入台数に占める比率は69%だった。内訳はiPhone 8シリーズが39%、iPhone Xが30%だ。

 この数値は、ここ数年における新モデルそれぞれの比率と比較し、精彩を欠くものだと、ウォールストリート・ジャーナルは指摘している。

 例えば、昨年発売した「iPhone 7」シリーズの発売後1カ月間の、全iPhone購入台数に占める比率は73%。2015年に発売した「iPhone 6s」シリーズでは、71%だった。そして、画面サイズを大型化して発売した2014年の「iPhone 6」シリーズでは、実に91%に上った。

 前述したとおり、これらは、あくまでも米国のiPhone購入者に対して行ったアンケートの結果であり、毎年、その分母となる調査対象者は異なる。

 このため、このデータが信頼できるものであるかどうかは分からない。しかし、アナリストの中には、10周年モデルとして市場投入されたiPhone Xについて、「少し期待外れだ」と感想を漏らす人もいるという。

中国人利用者の購買意欲

 一方で、世界最大のスマートフォン市場である中国では、3年ぶりにデザインを変更したiPhone Xに対する高い需要があるとのデータがある。

 こちらもアンケート調査だ。調査を行ったのは、カナダの投資銀行RBCキャピタルマーケッツ。米ファストカンパニーの記事によると、646人を対象にしたこの調査では、全体の62%が、iPhone Xを購入することに興味があると答えており、米国で行った調査の回答率である28%を大きく上回った。

 また、米モルガンスタンレーが、メッセージのデータ通信量から導き出した、iPhone Xの中国における利用率は、発売から16日たった時点で0.36%だった。この数値は一見少ないように思える。しかし、これはiPhone Xの出足が好調であることを示しているという。

iPhone 6s以前のモデル利用者に期待か

 モルガンスタンレーのアナリストは、iPhoneユーザーの間でiPhone Xに対する相当の繰延需要があると見ている。現在のところ、同端末を購入した顧客は、その大半が前モデルのiPhone 7から買い替えた人。このことは、iPhone 6s以前のモデルを利用している、多くの利用者が今後、iPhone Xへの買い替えを検討することを意味していると、このアナリストは述べている。

 iPhone Xは、OLED(有機EL)ディスプレーが本体全面を覆い、ホームボタンを廃止するなどして、デザインを大幅刷新したほか、最新技術の顔認証機能「Face ID」を搭載した。

 ファストカンパニーの記事によると、iPhone Xはこれまでと異なり、前モデルとの違いが明確に出されている点が、中国の消費者に新鮮で、かっこよく映る。たとえ価格が高くでも、それに対する割増金額を支払うことを彼らは厭わないだろうと、記事は伝えている。

(参考・関連記事)「アップルは『iPhone X』で再び急成長できるのか」

筆者:小久保 重信