和と洋が融合した古民家内部でくつろぐベンクス夫妻(写真:studio HATOYA)

もう、村を閉じるしかないのか――。1959年には39世帯237人が暮らしていたが、1990年代入り9世帯まで減少した新潟県十日町市竹所(たけどころ)集落。一時は、消滅が危惧された豪雪地帯の集落が、1人のドイツ人建設デザイナーの手によって息を吹き返しつつある。

ベルリン生まれのカール・ベンクス氏(75)が、消滅の危機にあるギリギリのタイミングで竹所に移住したのは1994年のこと。以来、同氏が村で手掛けたピンクやイエローの再生古民家は、里山に色鮮やかな景観をもたらしているだけでなく、この村に移住者を呼び込む役割も果たしている。

18年ぶりとなる赤ちゃんも誕生


元旅館を再生した「カールベンクス・ハウス」(筆者撮影)

現在、竹所には15世帯32名が暮らす。決して多いとは言えないが、自然豊かな場所で子育てを希望する移住者も増え、数年前には、村では18年ぶりとなる赤ちゃんも誕生。昨年からは、20〜30代の若者が移住し、地元レストランや旅館で働き始めた。今では、移住者がもともとの住民の数を上回っている。

ベンクス氏の事務所がある「まつだいカールベンクス・ハウス」は、歴史ある旅館「松栄館」を再生させたもので、赤褐色のべんがら色の壁と黒茶色の太い柱、梁とのコントラストが美しい建物だ。1階はレストランになっており、一般の観光客も入ることができる。


カフェとしても使われている「イエローハウス」(撮影:大出恭子)

ここを拠点に車で10分ほど山道を登ると、木々の間にピンク、イエロー、グリーンなどカラフルな外観の再生古民家が見えてくる。現在、竹所にある12軒の家屋のうち8軒はベンクス氏が手掛けたもの。昔ながらの日本の山里でありながら、どこか欧州の田舎を思わせる風景は竹所独特の景観だ。

確かに風光明媚ではあるが、竹所は12月から4月まで深い雪に覆われる日本の有数の豪雪地帯。その積雪量は2メートルにも上る。ベルリン出身とはいえ、ベンクス氏は雪国の生活に不便を感じないのだろうか。そう尋ねると、「竹所は四季の変化が濃い、世界一美しい村。都会の暮らしのほうが満員電車や狭い住宅で不便でしょう?」と返された。

移り住んだ当初は集落の人たちに「1年ももたないだろう」とうわさされていたベンクス氏だが、今ではすっかり集落になじんでいる。しかし、そもそもなぜ竹所に関心を寄せたのだろうか。


日本語も堪能なカール・ベンクス氏(筆者撮影)

ベンクス氏が日本に興味を持つようになったのは、日本文化に詳しかった父親の影響だ。1942年、第2次世界大戦中に生まれたベンクス氏の家には、戦死した父親が残したブルーノ・タウトの本や浮世絵などがあり、ベンクス氏も次第に日本の美に心引かれるように。戦後、19歳のとき、自由を求めて東ドイツから川を泳いで西ドイツに渡った。その後、ベルリンの壁ができ、東ドイツに残した家族とは10年以上会えない日々が続いたという。

52歳で竹所に移住した

西ドイツで建築の仕事をしながら空手を習っていたベンクス氏は、24歳のときに初来日。空手修行をしながら建築デザインの仕事を手掛けるようになる。この頃は、東京で内装デザインの仕事をしながら、ゴルフ場に茅葺きのクラブハウスを手掛けた。その後、西ドイツに戻りデュッセルドルフで純和風の日本建築を建築するなど、日本とドイツを行ったり来たりしながらの生活が続く。


ベンクス氏が最初に再建した「双鶴庵」。雪景色に薄紅色の壁が美しい(写真:大出恭子)

竹所を知ったのは、偶然だった。知り合いに誘われ偶然訪れた竹所の豊かな自然に惚れ込み、1994年に自身の住まいとなる古民家を再生し「双鶴庵」と名付け、妻とともに竹所に移住する。このときベンクス氏はすでに50歳を超えていた。移住後は、竹所を拠点に本格的に古民家再生に取り組むようになる。

古民家は、ベンクス氏自ら購入したり、安く譲り受けたりして再生後に住民を探すこともあれば、持ち主から再生を依頼されることもある。元の建物に使用されていた柱や梁などの材料をできるだけ活用しつつ、日本各地から集めたドアや階段、欄間などの部材を組み合わせながら再生させるのがベンクス氏の持ち味。再生には約1年、費用は3000万円ほどかかることが多いが、再生期間や費用は、坪数と建物の内容や状態次第だという。

ベンクス氏が手掛けるのは、主に一般の個人住宅の再生が中心。新たな命を吹き込まれた古民家は、元の持ち主だけでなく、自然豊かな場所での暮らしを求めて移住する人や、都会と田舎の2拠点生活をする人に引き継がれることも多い。

このほかに、レストランやショップとして生まれ変わる例も。たとえば、新潟県新潟市西蒲区にあるワイナリー「カーブドッチ」のレストランもベンクス氏の手によるもので、ここは県内屈指の人気観光スポットとしてにぎわうようになっている。

ベンクス氏の手で再生された古民家には大きな特徴がある。外観は柱や梁を格子状に組み合わせた骨格をあえてむき出しにして見せ、外壁は赤褐色のべんがら、ピンク、イエロー、グリーンなど色鮮やかに塗られる。屋根は手入れが大変な茅葺きに代わり、鉄片石と呼ばれるドイツの石の瓦が採用されることもある。横に縦に伸びる太い柱や梁は室内でもむき出しで、これは空間を広く感じさせ、家そのものが持つ力強さを印象づける効果があるという。

「お試し移住」も実施


お試し移住のシェアハウスは鮮やかなグリーン(写真:大出恭子)

寒さ対策や使いやすさも考慮されている。壁には断熱材を入れているほか、ヨーロッパ製の薪ストーブで部屋全体を暖める。キッチンやバス、トイレなど水回りは、デザイン性と機能性を兼ね備えたドイツ製のものも活用する。柱や梁、欄間など純日本的な古民家の部材と、カラフルな外壁、キッチン、ストーブなどドイツのものが違和感なく融和しているのは、ドイツと日本の建築を両方熟知したベンクス氏だからできることだろう。

ベンクス氏は古民家再生以外のことにも取り組んでいる。竹所を「古民家再生の里」とするため、休耕田を利用いてミズバショウを植え、古民家との統一感を出すため牛小屋の外壁を修復する活動を行った。「村全体を美しくデザインすることで、住む人も訪れる人も楽しい場所にできる。人が生き生きと住むことができれば、家や村は次の世代に受け継がれ、存続することができる」と考えているからだ。

ベンクス氏の活動は竹所の活性化だけにとどまらず、同集落を擁する十日町市とは、移住促進の一環としてシェアハウスによる「お試し移住」を実施。1973年に建てられた木造家屋を修復し、シェアハウスとして貸し出しており、入居者は最長3年間住むことができる。現在、定員6人のところ、20〜40代、男女合計5人が共に暮らしている。ベンクス氏の建築に引かれたり、就職のために県外から来たりと移住理由はさまざまだ。

1人で一軒家に住むのは容易ではないが、シェアハウスであれば比較的安価に里山暮らしを始めることができる。また、夕食などを一緒に作って食べたり、掃除を分担したり、お互いに助け合いながら生活できるメリットもある。

十日町市役所よると、同市の人口は市町村合併した2005年に6万2000人いたのが、現在は5万4000人にまで落ち込んでいる。過疎化の食い止めは市としても切実な課題で、今後は5万人台をキープするのが目標だという。「移住者を増やすためにも、まずはお試しの場が必要だと考えた。ここを拠点に移住定住が促進され、将来的には就農にも結びつけていきたい」という(十日町市役所総務部の小林秀幸氏)。

また、十日町市では農業以外のビジネスチャンス拡大に向けて、ビジネスプランコンテスト「トオコン」を開催している。学生向けのビジネスプランコンテストを2015年より一般向けに拡大したもので、最大300万円の事業化支援が受けられる。この「トオコン」からは、実際に若手起業家が誕生している。

過疎化に歯止めをかけるにはどうしたらいいか

2016年度は59プランのエントリーがあり、10件が実際に事業化された。最優秀賞を受賞した山岸裕一氏は、東京から十日町市に戻り、父親が経営する「松之山温泉 玉城屋(たまきや)旅館」を継いだ。現在は、小さな旅館の再生ビジネスをテーマに活動の幅を拡げている。十日町市側は、今後は「就農支援だけなく、起業しやすくビジネスチャンスがある場所としても認知を広めていきたい」(産業観光部の高橋洋一氏)としている。

人口減少と高齢化で集落の存続が危ぶまれる集落は日本各地にある。最近では都会から移住した若者を中心に、空き家や古民家を再生しカフェやゲストハウスにする取り組みも増えつつある。が、それを長期的な就労人口の増加につなげられるかどうかは未知数。十日町市の場合、ベンクス氏を中心とした取り組みの成否のカギを握るのは、移住・定住者の数が、人口減少の数を上回るかどうかだ。

定住者を加速度的に増やすには、十日町市全体で住宅、就職に加え、結婚・子育てといったサポートも必要だ。市では、独身の男女に出会いを提供する事業を始めたほか、地域おこし協力隊を中心に、地域住民との交流イベントなども開催している。ベンクス氏が手掛ける古民家は、住民と移住者、年長者と若者、行政と民間などの交流を活性化させる懸け橋となるだろうか。