2017年3月〜10月、全国の不審者事案の約4割は駅周辺で発生していた(写真:y_seki / PIXTA)

2017年3月から10月末までに全国で発生した不審者事案のうち、出没エリアの近隣に鉄道の駅があったケースは全体の約4割で、多発する駅では期間内に最大で9件の不審者情報があったことが、筆者が代表を務める「日本不審者情報センター」の分析からわかった。

センターでは、全国の警察や自治体が公表する不審者情報を独自に編集・配信し、データベース化している。今年3月から10月末までの7カ月間に配信した不審者情報は計1万1607件。このうち、出没エリアの近隣に鉄道の駅があるケースは4487件だった。最多となる9件の事案があった駅は全国に25駅あった。

「下半身露出」最多は志木と梅島

対象となった事案は、声かけ、つきまとい、痴漢、露出、暴行、盗撮、のぞき、危険物所持、下着盗、路上強盗など。車上狙いや空き巣といった「人をターゲットにしていない事案」は対象外だ。

この中で、「下半身露出」の不審者情報がもっとも多かったのは東武東上線の志木駅(埼玉県新座市)周辺と、東武スカイツリーラインの梅島駅(東京都足立区)周辺だった。志木駅周辺については期間内に全国最多タイとなる計9件の不審者情報を配信しており、このうち男性による下半身露出も全国最多タイの6件だった。8月と10月には、下半身を出して女性につきまとったり、追いかけたりする悪質な事案も起きている。

志木駅周辺で発生した各事案の概要は次のようなものだ。場所は南口側(南西側)が中心で、8月11日に発生した卑わいな行為の事案のみ東口側(北東側)で起きている(カッコ内は発生日)。6月以降、下半身露出者がほぼ毎月出没したことがわかる。

・下半身を出しているのが目撃された(6/21)
・下半身を出しているのを女性が目撃した(7/7)
・下半身を出し、女性につきまとった(8/7)
・女子生徒にカメラを向けた(8/10)
・女性に下半身を見せた(8/11)
・下半身を出し、卑わいなことをしているのが目撃された(8/11)
・ベランダに干してあった女性用下着が盗まれた(8/27)
・女性に暴行を加えた(9/7)
・下半身を出し、女性を追いかけた(10/23)

一方、梅島駅周辺はもっと極端だ。同駅周辺については計6件の不審者情報を配信しており、すべて下半身露出だった(分類上は公然わいせつ5件、下半身露出1件)。10月上旬は続発している。場所は南東側の線路沿いが中心だ。

・公然わいせつをおこなった(5/28、梅田7丁目)
・公然わいせつをおこなった(7/22、梅田7丁目)
・下半身を出し自転車に乗り、発言(見て見て)した(8/13、梅田5丁目)
・公然わいせつをおこなった(10/7、梅田7丁目)
・公然わいせつをおこなった(10/9、梅田8丁目)
・声をかけ(見てくれ)、公然わいせつをおこなった(10/10、梅田7丁目)

警察によって違う不審者情報の内容

不審者情報は各都道府県の警察ごとに、公表される内容が詳細かどうか、情報を出すこと自体に積極的かどうか、という点で大きな違いがある。

埼玉県警が出す不審者情報は、内容は簡素だが、とにかく量が多いのが特徴だ。8月11日に発生した2つの事案は、埼玉県警の情報では次のような書き方だった。

・「下半身を露出し、卑わいな行為をする男を目撃したとの情報が寄せられました」
・「女性が男に露出した下半身を見せつけられたとの情報が寄せられました」

警視庁も内容は簡素だ。連続発生した10月9日と10日の事案で、警視庁はほぼ同じ文面を使って配信した。

・「足立区梅田7丁目の路上で、公然わいせつ事件が発生しました」
・「足立区梅田8丁目の公園内で、公然わいせつ事件が発生しました」

いずれも発生直前の状況が書かれていないため、どのような行動を前兆として警戒すればいいのか、地域住民にはわからない。

一方で、直前の様子を詳しく伝える警察もある。その1つが静岡県警だ。

・「(女子高校生が)徒歩で帰宅途中、体にイルミネーション用の電球を巻き付けた男が、短パンをずらして下半身を露出した」(函南町仁田)
・「(女子高校生が)徒歩で下校途中、男がズボンを下げて、股間に筒のようなものを当てて振って見せてきた」(掛川市中央)
・「(女子中学生数人が)徒歩で登校途中、しゃがみこんでいた男が突然立ち上がり、ズボンのチャックを開けて下半身を露出した」(沼津市岡一色)

これらは、静岡県警が実際に公表した女子生徒に対する露出事案だ。どのような不審行動があったのか具体的にわかる書き方になっており、万が一似た状況に遭遇することがあれば、直前に心構えができる。

冒頭で述べたとおり、同一駅周辺での不審者事案の発生件数は、日本不審者情報センターの情報配信数ベースでは7カ月間に9件が最多だ。

全国最多タイの計25駅は、これまでに挙げた志木駅のほか、新札幌駅(札幌市)、長町南駅(仙台市)、登戸駅(神奈川県川崎市)、静岡駅(静岡市)、大和西大寺駅(奈良市)、丸太町駅(京都市)、光明池駅(大阪府堺市)、神戸三宮駅(神戸市)、広島駅(広島市)、岡山駅(岡山市)、姪浜駅(福岡市)など全国に広がっている。

これらの25駅を都道府県別に集計すると、埼玉県が10駅で最多。神奈川県が3駅、静岡県と兵庫県が各2駅、北海道、宮城県、群馬県、奈良県、大阪府、広島県、岡山県、福岡県が各1駅となった。

東京都、千葉県、愛知県には9件の駅がなく、東京都では秋津駅(8件)、北千住駅(7件)、西葛西駅、荻窪駅、瑞江駅、梅島駅、十条駅、東十条駅、新井薬師前駅、八王子駅(各6件)などが件数上位の駅だ。また、愛知県では知立駅、平針駅(各7件)、鶴里駅、本星崎駅、日比野駅(各6件)、西尾駅(5件)、千葉県は我孫子駅、鎌ヶ谷大仏駅(各4件)、北習志野駅、新木駅(3件)の各駅が上位となった。

東京はなぜ少ないのか


これには2つの理由が考えられる。まず1つは、情報の公開に対する姿勢が各都道府県の警察によって大きく異なることだ。東京都内の駅周辺での不審者情報は、人口の割には少ない印象を受ける。人口のバランスで考えれば、埼玉県内と同程度かそれ以上の不審者情報がないのは奇妙とも言える。

先にも挙げたとおり、埼玉県警は特に情報を公表することに積極的だ。ほかの警察がほとんど公表しない「住宅敷地内に侵入した」、「警察官を見て逃げた」という程度の事案でも公表する。下着盗も、全国の警察で埼玉県だけが公表しているのではないかと思えるほど、埼玉県内に集中している。

反対に、千葉県警が公表する不審者情報は少ない。今年3月、松戸市に住む女子小学生が我孫子市内で遺体となって発見された事件以降は、わずかながら情報を出すようになった印象があるが、人口規模の近い埼玉県には遠く及ばない。

千葉県の場合は、県警よりも市町村が独自に出す情報が頼りで、鎌ケ谷市、船橋市、我孫子市の駅が県内で上位に入っているのはこの点も関係している。この傾向は東京都の一部の区でもみられ、江戸川区は独自の不審者情報を公表し、警視庁が出さない情報が出ることがある。都内ランキング上位の西葛西駅と瑞江駅は同区内だ。

もう1つの理由は、不審者の出没エリアについての表現が警察によって異なるため、集計に影響が出ることだ。簡単に言えば、大阪府警や兵庫県警の情報は「〇〇児童公園」や「〇〇交差点付近」のレベルまで場所を絞り込めるのに対し、神奈川県警の場合は、出没エリアが小学校4〜5校に囲まれるような広さになる。

たとえば、〇〇市〇〇町1丁目5番にある「〇〇公園」で下半身露出が発生した場合、各地の警察は出没エリアについて、おおよそ次のような表現をする。

大阪府警、兵庫県警……………〇〇市〇〇町1丁目5番
警視庁、埼玉県警、愛知県警…○〇市〇〇町1丁目
神奈川県警………………………〇〇市〇〇町付近

〇〇町は、東端が現場となった○○公園のある1丁目、西端が「○○駅」のある8丁目で、端から端まで歩くと10分程度かかるエリアだとする。

「1丁目」と入っている大阪府警や兵庫県警などの表現であれば、「〇〇駅」は現場から離れているとわかる。しかし、神奈川県警のような表現だと、〇〇町全域が出没エリアとなるため、日本不審者情報センターでは「〇〇公園」も「〇〇駅」も近隣施設としてデータベースに登録する。このような違いが積み重なると、集計する際に大阪府と兵庫県では不審者情報の公表数にくらべて駅の登場回数が少なくなり、反対に神奈川県では駅が多いという結果になる。

情報公開先進県の埼玉に続け

一方、埼玉県警と警視庁は不審者出没エリアについての表現が同じであることから、公表数の差がランキング上位駅の数となって現れた可能性がある。東京都と埼玉県の境にある秋津駅(東京都東村山市)の周辺では期間内に不審者情報が8件あったが、このうち6件が埼玉県内での発生なのはこのためだろう。秋津駅周辺の不審者情報は以下のとおりだ。

東京都内
・公然わいせつをおこなった(6/20、清瀬市野塩5丁目)
・子どもに対し公然わいせつをおこなった(8/3、清瀬市野塩1丁目)
埼玉県内
・ベランダから女性用下着を盗んだ(3/1、所沢市上安松)
・車に乗って児童につきまとった(4/3、所沢市上安松)
・女性に下半身を見せた(4/12、所沢市上安松)
・自転車に乗って女性の体を触った(4/18、所沢市下安松)
・干してある女性用下着を盗もうとした(8/25、所沢市上安松)
・自転車に乗って男子生徒の体を強く触った(10/16、所沢市下安松)

地域住民にとって、見えない不審者は情報によって可視化される。秋津駅周辺を例にすれば、情報が少ない東京都側のほうが不審者が見えないままになってしまう。警視庁をはじめ全国の警察は埼玉県警の情報公開姿勢を見習い、公表数を増やして不審者の存在を見えるようにすることが急務だ。

(*警察などが公表する事案概要が「公然わいせつ」と書かれている場合、下半身を露出したことが明らかでなくても、この記事では「下半身露出」として扱い、集計した。)