木村拓哉主演『BG』に永島敏行、宇梶剛士、満島真之介ら共演者続々決定

写真拡大

木村拓哉が、“ボディーガード”役に初挑戦し、脚本家・井上由美子の完全オリジナルで描かれるドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系、2018年1月18日スタート 毎週木曜21:00〜)の豪華共演陣と初回のゲストがこの度発表された。

この作品で木村が演じるのは、かつては敏腕のボディーガードだったが、6年前のある出来事がきっかけでその職を辞し、工事現場の警備員になっていた男・島崎章だ。ボディーガードの世界からは姿を消していた章が、自社の“身辺警護課”新設を機に第一線に復帰。そこで出会う仲間たちとともにみずからを再生させていく過程が、鮮烈に、そしてリアルに描かれていく。

そんな章が務める民間の警備会社・日ノ出警備保障の社長・今関重信(いまぜき・しげのぶ)を演じるのが永島敏行。自身も以前は身辺警護の職に就き、章を会社に引き入れた張本人でもある今関を、実力派俳優の永島が。そして章の息子・瞬(しゅん)役には、『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』(2012年フジテレビ系)で木村と共演した田中奏生が決定。今作で演じるのは思春期を迎えた中学生。父である章との間には若干の距離があるという設定だ。

章たち民間の“身辺警護課=ボディーガード”と対極にいるのが、公的組織である警視庁警備部警護課の“SP(セキュリティーポリス)”。武器を持たず、丸腰で警護対象者を護るボディーガードに対し、拳銃なども装備して任務につくSPたちはどこか冷ややかな目を向けている。そんなSPたちをまとめる警視庁警備部警護課の係長・氷川修(ひかわ・おさむ)を宇梶剛士が、そしてその部下・清田春孝(きよた・はるたか)を阿部進之介が演じる。さらに、章が6年前まで警護に付いていたプロサッカー選手の河野純也(こうの・じゅんや)役には満島真之介が決定。6年前、純也と章の間にどんな出来事が起きたのかも、物語の大きな鍵となってくる。

また、第1話のゲストも決定。章たち身辺警護課の最初の依頼主=警護対象者となるサスケフーズ会長・大久保佐助(おおくぼ・さすけ)を伊武雅刀が、そして厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)と懇意にしている雑誌記者・犬飼悟(いぬかい・さとる)を勝地涼が演じる。厚生労働大臣に送られた脅迫状、そしてその大臣がスターターとして出席するマラソン大会のスポンサーから警護を依頼されたボディーガードたち。“官”であるSPと“民”であるボディーガードたちが対峙するマラソン会場で、驚がくの真実が明らかに……。初回から繰り広げられる息もつかせぬ展開に注目だ。