人事部ー。

社内の人間模様や、人間の黒い欲望に直接触れることもある部署。

時に残酷で、時に計算高く。

すべては会社のために機能する部署だが、そこに一切の私情が入らないなどということは、おそらくない。

人事部から見た社内、それは人の業が蠢く社会の縮図であった。




12月26日午前11時

社内がざわつき始めた。

理由はただ一つ。先程、来年1月からの社内異動の掲示がなされたからである。

そして、ざわつきの的はおそらく、総務課長後藤の部長昇進だと推測される。涼子は周囲の動揺を感じて、軽くため息をついた。

-そりゃそうだ。

この人事には涼子も大反対だったし、社内の様子がこうなることくらい予想できた。ただ、一人の人間の強い想いが、今のこの状況を作り上げている。

そのことを知るのは社内の一部。役員レベルの人間と社内人事だけだと思われる。



涼子は、ITベンチャー企業で人事部に所属している29歳。

創立してわずか10年の会社だが、ここ5年で急成長しており社員数は300名を超えた。

オフィスは、恵比寿ガーデンプレイスタワー内にあるため、今の時期は毎年恒例のレッドカーペットやキラキラ光るイルミネーションを眺めるのが、涼子の楽しみとなっている。

涼子が所属する人事部には、新卒採用や中途採用を担当する者、給与計算や社会保険の手続を行う者など様々な担当がいる。

涼子はそんな人事部でリーダーとしてメンバーをまとめながら、自身は社内人事を担当している。

社内人事とはいわゆる、昇進や降格、社内異動といった社内の黒い部分がよく見える役割である。

もともと、上智大学を出てメーカーで一般職として働いていたのだが、古い会社ならではの男尊女卑、年功序列の社風に嫌気がさし、実力結果主義の ベンチャー企業に興味を持ち、現在の会社に転職した。

転職してまず驚いたのが、社内のカジュアルながらも洗練された雰囲気だった。

明るくてゆとりあるオフィス、カラフルなミーティングスペース、そこで働く”恵比寿感”あふれる社員たちと過ごす毎日は刺激に満ちている。

今ではすっかり会社に馴染んだ涼子の、トレードマークとなっているのが真紅の口紅。

毎朝丁寧に塗るそれは、自分を強く魅せてくれる。そんな気がして愛用するうち、いつしか「涼子らしさ」となっていた。

-そろそろ、社内リサーチに行こうかしら。

涼子が席を立ち給湯室にお茶を入れに行くと、同期で営業部にいる誠がヒソヒソと声をかけてきた。


社内リサーチに出向く涼子。そこで得た情報とは


「おい、あの掲示見たか?お前、前から知ってたのかよ?」

「知るわけないでしょ。私もさっき見たところよ。」

「なーんだ、やっぱそうか。なんであんな人事したのか知りたかったのに。」

誠は子どものように口を少しだけ尖らせるが、仕立ての良いスーツとその顔は良い意味でギャップがでる。

営業成績で3本の指に入る誠。

彼がその成績をキープできている理由は、きっとこの親しみやすい性格も多分に関係しているのだろうと、涼子は考えている。




それぞれの思惑


「ねぇ、営業部では、みんなどんな反応なの?」

誠を相手に早速リサーチを行う涼子。もちろん、素知らぬふりして、さりげなく聞くことを忘れない。

涼子は人事部にいるが、表向きは異動や昇進には携わっていないことにしている。でないとリサーチの対象や、社内の派閥に巻き込まれる恐れがあるからだ。

「いやー、掲示が出てからその話で持ちっきりだよ。平山さんなんてあからさまに怒って出て行っちゃったし。ここだけの話、次は自分が部長昇格じゃないかって思ってたんだと思うんだよ。

上半期、営業部は頑張って昨対比150%超えしたしな。なのになんでよりによって、あのヘマした総務部の後藤さんなんだよ。」

営業部次長の平山さんと、総務部課長の後藤さんは、この会社の創設時メンバーであり、お互い意識しないはずがない。

そして彼の言うように、総務部は上期に大きな失敗をしている。

社内システムの総入替えを行おうとしたのだが、総務部管轄のところに大きな仕様ミスがあり、一旦旧システムに戻し、3ヶ月たった今もまだ新システムに入れ替えられていないのである。

新システムは、この会社の基盤を強くし大きく発展する足がかりになるとして、相当なお金がかかっていると聞いている。

「最近の平山さん、なーんか様子変なんだよなー。ここだけの話、空アポっぽいの入ってること多くなったしさ。転職活動とかしてたらどうしよう。あ、これ内緒だぞ?」

「わかってるわよ。それにそんな不確かな情報、何にもならないわよ。」

「だよなー。涼子、平山さんが辞めるって情報掴んだら、絶対教えてくれよ。俺、平山さんがいないこの会社でやっていける自信ないし、平山さんについていきたいんだ。」

「わかったわ。私の耳に入る頃には、誠の耳に既に入ってそうだけど。」

また飲みの時にでも情報宜しく、と誠は私の肩を叩きながら、周りに人がいないかを確かめてから給湯室を出た。

ーいい情報を手に入れた。さすが持つべきものは同期ね。でも、厄介ね…。

平山さんが辞めたら会社に相当ダメージがある。それに誠も一緒に辞めるなんてことになったら、その影響は甚大だ。

涼子は、どうすべきかと頭を抱えて、つい独り言を漏らしてしまう。

「本当に、今回の人事異動、保身の為に動いてくれたわよね。管理本部長の坂上さん。」

小さくなる誠の後ろ姿を見つめながら、はあっと大きな溜息がでた。


今回の人事異動の黒幕・坂上の思惑



黒幕・坂上の思惑とは


坂上さんは、この会社の次期役員候補。

社長・副社長・そして各部のトップに本部長がおり、そのうちの一人が坂上さんである。

坂上さんは、人事部・総務部・経理部の統括の管理本部の本部長として君臨している。そう、今回の人事異動は、彼の黒い想いがあって、なされたもの。

坂上さんは、社内システムの入れ替えが上手く行けば自分の手柄にするはずだった。そのため、後藤さんをずっと課長のままにしていたのだ。

ただ、うまく行かなくなった途端に部長に上げたのである。

その思いは一つ。責任を自分が被らないようにするため。

本部長の給与は相当なもので、2年で家が建つほど。だが、役員となるとその2倍の役員報酬が手に入る。

そこに執着してしまっているのは、前から気付いていた。




涼子は一度、夜の西麻布交差点で坂上さんを見かけたことがある。

いつものようにオーダーしたスーツを着こなし、肌触りの良さそうなキャメル色の上質なマフラーを首から下げ、自慢のビスポークの靴を鳴らしていた。

まわりには、若い女の子を4〜5人引き連れて、2台並んだタクシーに乗り込もうとしていた。

会社で見る限りは上品な男だが、一歩外に出てしまえば、お金を派手に使うことで自分の存在意義や地位を誇示しようとする様子が透けて見えるようだった。

もちろん、坂上さん自身の力で手に入れた地位とお金ではある。だが…。

一度地位を手に入れた男は、自らの立ち位置を守ろうと必死で、滑稽である。保身のためなら、見境なく人を陥れることだってするだろう。

可哀想なのは後藤さんだ。全ての失敗の責任を、被らされそうになっているのだから。

システムの総入替えの予算など、課長時代に持っているわけがない。彼に命じ、承認した人物がいたはずなのだ。

そして何より後藤さんには、上に上がりたいという想い、出世欲がないのである。

今回の人事異動は、ただ一人の人間の想い、坂上本部長の想いが強く反映されていることは明らかだ。

涼子はそう結論づけると、真っ赤な口紅を塗った唇を歪めて、ぎゅっと強く前歯で噛んだ。

ー翌日ー

涼子のもとに1通のメールが届いた。

「待ってました」

涼子はパソコン画面に向かって小さく呟く。

件名は『後藤さんを祝う会について』となっている。後藤さんの昇進祝いである飲み会への誘いだった。

涼子は普段から、各部の飲み会にも呼ばれやすいような強いパイプ作りにも励んでいるため、おそらく声がかかるだろうと踏んでいた。そしてそこには、坂上さんも参加するはずだ。

涼子の唇の端が、片方だけゆっくりと持ち上がる。

ーじっくり話を聞かせていただこうじゃない、坂上さん。

自分に何かできるかなんてわからないが、涼子の中の正義感がむくむくと大きく膨らむのだった。

▶NEXT:1月2日 火曜更新予定
人事異動の渦中の人物 後藤の心中