日本を旅行で訪れる中国人が年々増加するなか、一部の中国人は日本滞在中の快適さから「このまま日本にとどまりたい」、「中国に帰国したくない」などと思うようだ。それは一体なぜなのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を旅行で訪れる中国人が年々増加するなか、一部の中国人は日本滞在中の快適さから「このまま日本にとどまりたい」、「中国に帰国したくない」などと思うようだ。それは一体なぜなのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、観光を目的に訪日する中国人のうち、特に「気楽な生活」を求める人ほど「日本にとどまりたい」と願う傾向があると伝え、一体日本のどのような点が中国人を強く惹きつけるのかと疑問を投げかけている。

 記事は、一部の中国人が「日本から中国に帰国したくない」と願うことに対し、多くの中国人は不思議でたまらないと紹介。「日本は一体どれだけ良い国なのか」と論じた。続けて、中国人に「日本にとどまりたい」と思わせる要素の1つとして「安心感」を挙げ、日本では何をどこで食べるにしても「まず問題は発生しない」と指摘。中国では確かに残留農薬問題や下水油問題が頻発し、自炊はもちろん、レストランでの食事ですら物を口に入れることについて心から安心することは難しいのが現状だ。

 さらに、日本の暮らしは中国に比べて便利であることが多いとし、買い物も身近にスーパーやコンビニがあって、いつでも欲しいものが帰ると指摘。また、所得に対して物価水準は中国より相対的に安いことを伝え、日本で「稼ぎたい」と考える中国人もいるほどだと紹介した。

 また、日本の生活は気楽だとし、環境は静かで、知らない人が話しかけてくることもなく、日本人は他人に迷惑をかけたがらないため、他人とのトラブルに巻き込まれることも滅多にないと紹介。それゆえ「気楽な生活」を求める人ほど「日本にとどまりたい」と願うのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)