初のベッドシーンについて「アイドルを卒業した一年半くらい前では考えられなかったですね(笑)」と語る永尾まりや

写真拡大

映像配信サービス「dTV」が、大人気コミック「不能犯」の衝撃エピソードを映像化したdTVオリジナルドラマ「不能犯」を12月22日より配信中。

【写真を見る】体当たりで挑んだベッドシーン/(c)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 (c)2017 dTV

同作品は、「思い込み」や「マインドコントロール」で人を殺すなど、常識的に考えて証明できない“立証不可能犯罪”の能力を駆使してターゲットを確実に死に至らしめる殺し屋・宇相吹正(うそぶきただし)と、彼に翻弄される人々の悲惨な運命を描いた新感覚スリラーエンターテインメント。

既に映画化も決定しており(2月1日木曜公開)、同作は映画公開に先駆けて全4話を配信する。

映画同様、宇相吹役を松坂桃李、宇相吹と対峙していく刑事・多田友子を沢尻エリカが演じ、ドラマオリジナルキャストとして永尾まりや、永井大、平岡祐太が登場。バラエティー豊かな実力者俳優陣が、「不能犯」の世界を深めている。

今回、ドラマ第1話で、自らの衝撃的な過去をひた隠しにしながら生きるOL・加島夏美を演じた永尾にインタビューを敢行。自身初となる濃厚なベッドシーンや、役に対する熱い思いなどを赤裸々に語ってもらった。

■ アイドル時代には考えられなかった

――元アイドルの殻を破った衝撃的なベッドシーンがありましたが、この作品について初めて聞いた時の感想は?

まず、内容にびっくりしたのが一番でした!(笑) その後に、「どこまでやるんだろう?」って気になりました。でも、とても有名な作品ですし、いい作品なので、ぜひ関わらせていただきたいな、という思いでお受けしました。

――アイドル時代からは想像できないくらい女優根性が前面に出た作品ですよね?

ここまでやるというのは本当に初めてで、アイドルを卒業した一年半くらい前では考えられなかったですね(笑)。

――夏美を演じた感想は?

第1話のゲストですが、夏美のエピソードということもあって、すごく時間を掛けて撮影したのでとても達成感がありました。撮影中も「どこまで使うんだろう?」って思うくらい濃い内容だったので、自分でも配信が楽しみですね。私自身、初めてのベッドシーンに挑みながら「やってはいけないことをしちゃったんじゃないか?」という思いもあり、そんなところがなつみの心情とリンクして、臨場感あふれるものになったんじゃないかなと思っています。

――隠したい過去のある役柄でしたが?

そうなんです。その過去の部分もちゃんと撮っていて、私としては不思議で恥ずかしい体験でした。

――ここまでチャレンジングだと、女優としての幅も広がったのでは?

そうですね。ここまでやる作品っていうのはなかなかないと思いますし、私としてはすごく振り切りました。とても刺激的で貴重な体験をさせていただきました。

――最初はやはり不安もあったのですか?

ありました。どうやって撮影するのかも分からなかったですし、上手くやれるのかという不安はありましたね。

――撮影で一番苦労したところは?

やっぱり、ベッドシーンや隠したい過去に関するシーンですね。実は、過去を描いた部分は顔を整形する前ということで、映像でも顔を変えているんです。目が一重になってたりとか(笑) この撮影で、二重を一重にするって大変なんだなって実感しました。スカウトされるシーンは都内で撮影したのですが、一般の方が周りにいる中で一重の状態での撮影だったので、とっても恥ずかしかったです。撮影中、「何の撮影だろう? 誰??」という感じで多くの方が注目する中で、「ブスだなって思われたらどうしよう…。本当はもうちょっとかわいいんです〜」って思いながら撮ってました(笑)。

――SNS上では“リア充”を装い、現実とのギャップを埋めようとして堕ちていく夏美。そんな夏美をどう思いますか?

過去や堕ちていく展開は別にしても、いち女の子としての心の在り方という意味では、すごく共感できました。友達になっていてもおかしくないな、というくらい。一歩間違えたら現実でもあり得る話だなって、すごくリアリティーがありました。

――夏美との共通点は?

やっぱり見栄をはってしまうというのは誰しもあると思うんです。

――永尾さんといえば“お嬢様”で、見栄をはることもない気がするのですが?

そう思われ過ぎちゃって、「“お嬢様”な感じでいなきゃ」という感じになっちゃってて…。スーパーで牛乳を買う時でも、いつもは安い方を買うんですけど、友達といる時はついちょっと高い方を買っちゃう(苦笑)。

――知られたくない過去のある夏美でしたが、永尾さんにとって知られたくない過去は?

いっぱいありますけど、言えるやつは、小学3、4年生くらいまでパンツにTシャツをインしてたことですね。冷え症で、お腹が冷えるのを予防するためにそうしていたのですが、今思えばすごく恥ずかしい。当時の写真は、もれなくインしてるんです。見せられない…(赤面)。

――夏美のように、隠したい過去を知られておどされたらどうしますか?

私、絶対バレちゃうと思うんです。隠し通せないと思うから、自分から言っちゃいますね。「バレたらどうしよう…」って思っちゃって、自分から言っちゃうタイプなんですよ(笑)

――第1話の見どころをお願いします!

現代社会の女の子のリアルな姿を描いていて、夏美のようになってしまってもおかしくないな、と思わせられる内容だと思います。そんなリアリティーに背筋を凍らせていただきながら、「もし自分がこうなったらどうするだろう?」と考えてながら見てもらえれば、より楽しめると思います!

【第1話あらすじ】

高級ブランドを持ち、エリートの彼氏がいる夏美(永尾)は、SNSに自身の日常をアップし、羨望のコメントが寄せられるのが何よりの楽しみだった。だが、夏美には誰にも知られたくない過去があり、それは、知られてしまうと現在手にしている幸せが崩壊してしまうほどの衝撃的なもの。そんな中、彼氏と行きつけの店の料理人が、夏美の過去をネタにおどしてくる。どうすることもできない夏美は言われるがままに要求を受け入れてしまう。(ザテレビジョン)