「快盗」と「警察」、2つの戦隊が登場する新シリーズ!/(C)2018テレビ朝日・東映AG・東映

写真拡大

毎週日曜朝9時30分から放送中の「スーパー戦隊シリーズ」(テレビ朝日系)。現在、41作目となる「宇宙戦隊キュウレンジャー」がオンエア中だが、2018年2月11日(日)から、第42作目となる最新作「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」がスタートすることが決定した。

【写真を見る】「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」は2018年2月11日(日)スタート/(C)2018テレビ朝日・東映AG・東映

今作のモチーフは「快盗」と「警察」。なんと2つの異なる戦隊が登場し、悪の組織と三つどもえのバトルを繰り広げる。

快盗側の「ルパンレンジャー」は、義賊として民衆から英雄視される3人組のヒーロー。過去に失った大切な人を取り戻すため、戦いに身を投じる。

一方、警察側の「パトレンジャー」は、市民の正義と理想の未来のために戦う、こちらも3人組のヒーロー。職務として、そしてそれが人類の未来につながると信じて戦う若者たちだ。

2つの戦隊は、稀代の快盗アルセーヌ・ルパンが残した宝物=ルパンコレクションを巡って激突する。

異世界から現れた犯罪集団「ギャングラー」の手に渡ってしまった、人類を繁栄させることも、滅ぼすこともできる特殊な力を秘めたコレクションアイテムの回収を巡って、ある時は共に戦い、ある時は敵対し合う。

W戦隊には、それぞれリーダーとなるレッドが登場。快盗側には、パッと見チャラい系で普段は一般人に身をやつすルパンレッド。警察側には、本気で犯罪ゼロを目指す熱血でマジメなパトレン1号が。その他、「ルパンレンジャー」には、ルパンブルー、ルパンイエロー。「パトレンジャー」は、パトレン2号(緑)、パトレン3号(ピンク)が活躍する。

戦隊シリーズ史上初、“戦隊VS戦隊”の熱い戦いを見逃すな!(ザテレビジョン)