自己最高!『ドクターX』が総合視聴率35.2%を獲得

写真拡大

米倉涼子が主演する『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00〜)。12月14日に20分拡大で最終回が放送されたが、自己最高の総合視聴率35.2%を
獲得したことがわかった。(視聴率25.3% タイムシフト視聴率12.5% ※世帯、関東地区ビデオリサーチ調べ)

この記録は、2016年12月22日に放送された同ドラマ第4シリーズ・最終回15分拡大の総合視聴率32.0%を抜いて、自己最高となる。ちなみに、この最終回では、米倉演じる主人公の天才外科医・大門未知子が倒れ、彼女は自らの治療を後回しにし、困難を極める日本医師倶楽部会長・内神田(草刈正雄)のオペに挑んだが、その身にかつて類を見ない“絶体絶命の危機”が襲い掛かり……という展開だった。