スーパー戦隊42作目は『快盗VS警察』史上初の“W戦隊”

写真拡大

2018年2月11日からスタートする新しい『スーパー戦隊シリーズ』(テレビ朝日系、毎週日曜9:30〜10:00)が発表。42作目となる今回は、作品の構造をドラスティックに変え、テレビシリーズ史上初となる「快盗」と「警察」の2つの戦隊“W戦隊”が登場することがわかった。この相容れないスーパー戦隊のそれぞれに主役を配し、お宝をめぐって繰り広げられる華麗なる対決を1年を通じてスリリングかつ劇的に描かれていく。

1975年のシリーズスタート以来、時代とともにさまざまなモチーフを作品に取り込み、シリーズ毎に魅力的なヒーロー&ヒロインを世に送り出してきたスーパー戦隊シリーズ。40年を超える歴史の中で、一貫して描かれてきた「正義のレンジャー」対「悪の組織」の構造は、子供たちから変わることなく絶大な支持を得てきたが、新シリーズではその構造を自ら打破。史上初めて2つのスーパー戦隊が最初から登場し、ヒーロー同士がぶつかり合うW戦隊ならではのスリリングな「VS」劇が繰り広げられる。

W戦隊のモチーフはそれぞれ、「快盗」と「警察」。水と油のように決して交わることのないこの2つの戦隊が、1年を通じて火花を散らす。快盗側の「ルパンレンジャー」は、義賊として民衆から英雄視される3人組のヒーロー。過去に失った大切な人を取り戻すため、戦いに身を投じていく。一方、警察側の「パトレンジャー」は、市民の正義と理想の未来のために戦う、こちらも3人組のヒーロー。職務として、そしてそれが人類の未来につながると信じて戦う若者たちだ。

2つの戦隊は、稀代の快盗アルセーヌ・ルパンが残した宝物=ルパンコレクションをめぐって激突。人類を繁栄させることも、滅ぼすこともできる特殊な力を秘めたコレクションアイテムは現在、異世界から現れた犯罪集団「ギャングラー」の手に落ちており、戦うべき相手は同じなのだが、コレクションの回収をめぐってはポリシーの違いから決して手を結ぶことができない。6人の若者は互いに互いを宿敵であることを認めつつ、ある時は共に戦い、ある時は銃を突きつけ合う。

また、今回の新構造により、「戦隊VS戦隊VS悪者」というこれまでにないバトルパターンも登場。スーパー戦隊新シリーズが、誰も見たことのない未知の世界を切り開く。さらに、W戦隊には、それぞれリーダーとなるレッドが登場。快盗側には、パッと見チャラい系で普段は一般人に身をやつすルパンレッド。警察側には、本気で犯罪ゼロを目指す熱血でマジメなパトレン1号。この対照的な2人のレッドがセンターを務め、物語をドラマティックに引っ張っていく。