ティク・ナット・ハンとマインドフルネスの教え。 フランス、プラムビレッジでの暮らしとは?
こんにちわ。翻訳者兼エディターの松本恭です。引っ越しを重ねても、どうしても手放せない大切な本はありませんか。私にとって、ベトナム出身の禅僧ティク・ナット・ハンの『仏の教え ビーイング・ピース(中公文庫)』がその一冊です。詩やエピソードに満ちたこの美しい本は、もう20年以上手もとにあります。
ティク・ナット・ハンの共同体、プラムビレッジ
ティク・ナット・ハンは、仏教の瞑想法から始まった「マインドフルネス」を欧米に紹介した僧侶です。1955年から1975年に渡るベトナム戦争(第二次インドシナ戦争)を終わらせるために尽力したことで、アメリカで知られるようになりました。その活動のためベトナムに帰国することができなくなり、フランスに亡命。ボルドー地方でプラムビレッジという仏教共同体(サンガ)をひらきました。残念なことに2014年に脳溢血で倒れられ、現在は療養生活を送っていますが、僧院での儀式や実践の場などに頻繁に姿を見せているそうです。
ティク・ナット・ハンから教えを受けた西田佳奈子さんに、ティク・ナット・ハンの瞑想法や、プラムビレッジでの暮らしについて聞いてみました。毎年プラムビレッジに滞在している西田さんは、「ハート オブ 東京・鎌倉・横浜サンガ 」を主宰してマインドフルネスの実践の場をつくりつつ、書籍やインターネットを通じてティク・ナット・ハンの言葉を伝えています。

プラムビレッジにて。正面がティク・ナット・ハン。左下が西田さん。

山から降りて、人々のために尽くすことを決意
優れた著作を数多く発表しているティク・ナット・ハンですが、一方では行動する仏教者として、社会活動にも積極的に関わりました。ベトナム戦争の最中に、祖国で人々が苦しむようすを目にして、人里離れた僧院で修行を続けるべきなのかと自問したティク・ナット・ハンは、僧侶たちを連れ「山から降り」て、人々の救済のために尽くすことを決意します。民衆の救済活動と仏教修行とを同時に行う『行動する仏教(エンゲージド・ブディズム)』の始まりであり、後に実践仏教へも発展する活動は当時では革命的なことでした。

「危険を顧みず、爆撃や災害を受けた場所に行って食事や薬を届けたり、傷の手当をしたり。亡くなった人々の遺体を収容することもあったそうです。あるシスターはお母さんから、助けてほしいと死んでいく赤ちゃんを手渡されたこともあるとか。そのように極限的な状態で活動を続けるためには、スピリチュアルな実践が不可欠になります。食事することすら困難になるからです。
絶望的な状況に食事ものどを通らないティク・ナット・ハンでしたが、ある日、『この食事はどんな味ですか』と尋ねられ、食べ物に注意を向けたことをきっかけに自分を取り戻します。危機的状況だからこそ、一瞬一瞬を深く味わうというマインドフルネスが必要だったのです。今この瞬間に完全にいる実践なくしては、平静さを保つことができない状況だったそうです。後年にもティク・ナット・ハンは、祖国ベトナムの分断などを苦に鬱状態に陥った時、歩く瞑想で心を立て直したといいます」

私たちがマインドフルに呼吸し、ほほえみ、休み、歩み、働くとき、私たち自身が社会のポジティブな要素になっていきます。それが周囲の人々の自信を呼び覚ますのです。これが絶望が私たちを圧倒することを防ぐ方法なのです。
─ ティク・ナット・ハン (訳:西田佳奈子)

アメリカでマインドフルネスを広める

キング牧師とティク・ナット・ハン

やがてティク・ナット・ハンはアメリカに渡り、マーティン・ルーサー・キング牧師などとともに反戦運動を続けます。その活動を通して、戦争の根は一人ひとりの心にあると見抜き、マインドフルネスを広める活動を行います。