25日、韓国・ソウルに暮らす外国人たちが韓国文化のどの部分に適応の難しさを感じているか、アンケート調査で明らかになった。写真はおでんやトッポッキを売る韓国の屋台。

写真拡大

2017年12月25日、韓国・ソウルに暮らす外国人たちが韓国文化のどの部分に適応の難しさを感じているか、アンケート調査で明らかになった。韓国・ヘラルド経済が報じた。

ソウル市が昨年、市内在住の外国人を対象に「ソウルの生活で大変なこと」を聞いた結果、「食べ物」が6.87点(10点満点)を集め、韓国料理は外国人にとって最も適応への難易度が高い文化であることが分かった。実際に外国人留学生に聞き取りをすると、韓国の食べ物が口に合わない理由として、大半の人が「におい」と「食感」を挙げたという。

英国出身のトーマスさん(31)は最近、春雨の炒め料理・チャプチェを初めて食べて何となく気持ち悪さを感じたそう。しこしことしながらぬるりとした春雨の食感が合わなかったようだ。餅の甘辛炒め・トッポッキも、その辛さと口内にくっつくような質感から食べるのに苦労した。「韓国料理はふにゃにゃしたりぬるっとしたり、食感が良くないものが多いと思う。適応には時間が必要だ」とトーマスさんは話す。

韓国料理店に出掛けた米国人留学生ブライアンさん(23)は、ニンニクやトウガラシのにおいにくしゃみが止まらなくなった。「韓国人は辛い味を楽しみ、特にトウガラシとニンニクが好きとは聞いていたが、これほどとは思わなかった」と驚きを語った。

このように、国籍を問わず、餅類や冷麺の食感や、多くの韓国料理に使われる調味料「ヤンニョム」の味やにおいを苦手とする人が多いそうだ。

記事を受け、韓国のネットユーザーから寄せられたコメントには「外国に行った韓国人も食べ物で苦労する。当然の話だ」と外国人の立場を理解する反応も一部あるものの、「食べなければいいじゃないか」「どこの国に行っても自分から合わせるべき」「君たちの味覚に合わせて食文化を変えろということ?」「そんなことまで心配してあげなきゃいけないの?」「ソウルにはいくらでもハンバーガー屋がある」と厳しい指摘が目立つ。

また、「韓国ほど料理の種類が多様な国はないのに」「テレビに出てくる外国人はみんな韓国料理が好きみたいだけど、あれは何なんだろう?」「海外のコリアンレストランは韓国人より現地の外国人客の方が多いよ」と、アンケート結果に疑問を呈する人も多かった。

なお、アンケートで食べ物以外に「難易度が高い」と挙がったのは、点数が高い順に「韓国式の生活文化」「言語」「医療機関の利用」「寂しさ」「社会的偏見と差別」で、「住居」「子どもの養育・教育」は比較的適応の難易度が低いものに分類された。(編集/吉金)