12月25日公開された、パンサー・向井慧の「カベフェッショナル」/(C)NTV

写真拡大

12月29日(金)夜7時より、日本テレビ系にて放送される「エンタの神様&有吉の壁『年末は爆笑パーティーで盛り上がろう!SP』」。その中で、「有吉の壁」第9弾に挑む芸人たちが、自身の「笑い」へのこだわりなどを熱く語るWeb動画が、12月25日(月)より5日連続で配信される。

【写真を見る】「有吉の壁」には、にゃんこスター、友近、吉村崇らが初登場!/(C)NTV

有吉弘行が用意したさまざまな「壁」に、次世代を担うお笑い芸人たちが体を張って挑戦する「有吉の壁」。第9弾となる今回は、山梨・富士急ハイランドなどを舞台に、25組以上が「笑いの壁」に挑んでいく。

「ドキュメンタリーの壁を超えろ!カベフェッショナル〜若手芸人の流儀〜」と題した今回のオリジナルWeb動画は、某ドキュメンタリー番組風の映像、BGMをバックに、若手芸人たちが「あなたにとって『有吉の壁』とは?」といった問いかけに対し、熱い思いを語っていく。

2016年7月放送の「有吉の壁5」で初めて実施された「カベフェッショナル」は、いつしかWeb動画として定番化。これまでも平野ノラ、チョコレートプラネット・松尾駿、三四郎・小宮浩信らが、それぞれの笑いへの思いを明かしてきた。

12月25日(月)に公開された「カベフェッショナル〜パンサー向井慧の流儀〜」では、向井慧が「パンサーは3人組ですけど、僕が本当にやりたかった笑いは(この番組で)菅(良太郎)さんと二人でやっているネタ」とぶっちゃけ発言するなど、彼の知られざる本音をうかがえる内容となっている。

この動画を皮切りに、26日(火)にジャングルポケット・斉藤慎二バージョン、27日(水)にトレンディエンジェル・斎藤司バージョン、28日(木)にメイプル超合金・カズレーザーバージョンが、日本テレビの公式Youtubeチャンネルにて順次公開。

さらに、放送当日となる29日(金)には、27日(水)放送の「有吉の壁・若手芸人予選会SP」を突破した、注目の若手芸人のバージョンも公開される。爆笑必至の本編放送を前に、彼らの「笑いの流儀」に触れてみよう。(ザテレビジョン)