【イベントレポート】YOSHIKI、今一番欲しいのは「X JAPANのニューアルバム」

写真拡大

YOSHIKIが映画『WE ARE X』のBlu-ray&DVD発売を記念して、12月25日TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた<一夜限りの映画『WE ARE X』’mas上映会>に登壇した。

◆イベント画像

<一夜限りの映画『WE ARE X』’mas上映会>は応援型上映会として、映画の上映中に声出しでの鑑賞やペンライトやサイリウムの持ち込み、コスプレも可能となっており、およそ500名のファンが自由に映画『WE ARE X』を鑑賞した。YOSHIKIは上映会終了後にステージに登場し、来場者からの質問に答えるQ&Aコーナーを実施。

最初に寄せられたのは「来年こそアルバム出ますか?」という質問。これに対しYOSHIKIは「もうやだその話題、クリスマスくらいやめない(笑)?」という回答でさっそく会場を笑わせる。また、「『WE ARE X』の次作があるか」という質問には映画『WE ARE X』を作るのに相当な覚悟と思い、精神的にも大変な時期を過ごして完成したというエピソードを明かしつつ「映画が完成した時にPATAが倒れてしまったり、ウェンブリー公演を終えて順調に行くと思ったら僕が手術したり…相変わらずドラマが続いているので(2も)あるかもしれないですね」と答えた。なお、次作があるとしたら「死とか洗脳じゃなくて、もうちょっと幸せな映画になるといいですね」「結婚とかそういうのあったらいいよね(笑)」とも。

さらに「イヴはどう過ごしたか」という質問にこっそりLUNA SEAのライブを見に行っていたことを明かしたり、「今一番欲しいアイテムは?」という問いに「X JAPANのニューアルバム」と答えるなどクリスマスらしいQ&Aも。夢についてアドバイスを求めるファンに対して「夢は必ず現実になるんだと思っていると生き方が変わっていくと思う」などYOSHIKIは様々な質問に丁寧に答えつつ、今後の夢についてもコメント。「近いうちに僕がドラムを叩いている姿を見せることができると思います」との発言も飛び出した。また、お笑い芸人の鉄拳がステージに登場しYOSHIKIにイラストをプレゼントする一幕も。ドラムを叩くYOSHIKIを描いたイラストをプレゼントされたYOSHIKIは「哀愁が漂っている!」と喜びの表情。さらに来場者にYOSHIKIのサイン入りポスターがプレゼントされる抽選会も行われ、クリスマスにふさわしい特別なイベントとなった。

イベントの最後にYOSHIKIは「来年はアルバムを出せるようにしたい。元気になってまた激しいステージができればなと思っています」と宣言。そして映画『WE ARE X』を見たファン、そしていつも応援してくれているファンに向けて「このバンドを支えてくれてるファンの方に感謝しているのでみんなにとっていい年になるよう祈っています」と結んだ。