国産/輸入車、新車/旧車が同じ土俵で、さらに徹底的に内外装をカスタムされて並べられる東京オートサロン。そんな異種格闘技イベントの2017年度、ダイハツブースはあるスペシャルモデル群によって現場はもちろん、ウェブやSNS上でも図抜けた盛り上がりを見せていました。

ブーン シルク、トールら4機種をベースにスポーティな内外装にして、ボディを鮮烈な赤と黒に塗り分けた『スポルザ』シリーズがそれです。

スポルザはそれ単体としての出来も良かったのですが、一定の年齢を超えた世代にとってはその色によって『ダイハツ・シャレード・デ・トマソ・ターボ』(1984年登場の2代目シャレードベースのスポーツ・スペシャル。イタリアの名門『デ・トマソ』とのコラボによって生まれたもので、赤と黒のイメージカラーが有名)が重なって見えたのでした。

そのスポルザたちの中でも最も来場者にインパクトを与え、「いつ売る?」「いくら?」と市販要望が高かったブーン シルク版がこのたびエクステリアキット『ブーン スポルト パッケージ』(フロントロアスカート一体型フロントバンパーガーニッシュ・リヤロアスカート一体型リヤバンパーガーニッシュ・サイドストーンガード・フロント&リヤフェンダーガーニッシュ・フロント&リヤドアアンダーガーニッシュ・サイドデカール……のセットで2018年1月12日全国のダイハツ販売会社で発売。価格はオープン価格。スポルト専用本革風シートカバーとゴールドのレイズVOLK RACING CE28N・15インチアルミホイールは別売り)になって発売されることが決定しました。

そこで今回、このスポルザ&スポルトの内外装を作り上げたダイハツのデザイナー2名に登場していただき、ショーモデルと量産モデルの両方に込められた思いを語ってもらいました。話すのはデザイン部第1デザイン室ECDグループ課長の芝垣登志男さんと同エグゼクティブリエゾンデザイナーの米山知良さんです。

芝垣さんは特定非営利活動法人・日本自動車殿堂(JAHFA)の2016-2017 カーデザインオブザイヤーを受賞したムーヴキャンバス等を手がけています。米山さんはムーヴやタントの『カスタム』モデルを手がけた後に先行開発デザイン担当となった人物。2人とも東京オートサロン出展車両担当へは自ら志願して就いたといいます。

--東京オートサロンに出展されたブーン・スポルザは誰の目にも「ああ、ダイハツらしい!」と思える仕上がりです。こう思える背景には、たとえば赤と黒の塗り分け方にダイハツ車共通の……はっきり言えばシャレード・デ・トマソ・ターボやミラTR-XX(1985年に初代モデル登場のスポーツモデル。やはり赤と黒がイメージカラー)における黄金比やルールのようなものがあり、それを当てはめたということでしょうか?

米山「いえ、そういう意図的な方法は使っていない……と言いますか、使わないようにしたのです」

芝垣「ブーン・スポルザを作るときに我々は確かに、80年代のホットハッチと呼ばれた自社車両たちを念頭に置きました。それらのイメージカラーであった赤と黒の印象は圧倒的で、ショーモデルにもそこから採り入れたのは事実です。しかしダイハツの、乗って楽しいモデルの共通項・核となる部分で一番大事なのは何かというと『自分は今、スペシャルにあつらえられた1台に乗っている』と思える”特別感”なんですね。それはこういう形にすればOK、とかこの色(や塗り分け方)にすべき、ということでは達成できなくて、ベースモデルに対して『どれだけ気を使って差別化されているか』によってこそ成し得るものなのです」

米山「デ・トマソはもちろん、ミラTR-XXでも単に色を変えるだけでなくボディ各部に立体感あるパーツを多く追加しています。それらは必ずしも大きな造形ではありませんでしたが、車両トータルで見るとベースモデルから一気にジャンプアップするよう計算されていました。丁寧に手間をかけて特別感を演出していたのです。だから今回のブーンでエクステリアを作るときも『よく見ればここまで手を入れているんだ』と感心してもらえるようなデザインを心がけました」

芝垣「過去のモデルを振り返っても、デ・トマソ・ターボにも白&銀の2トーンがあり、2代目デ・トマソ(1993年登場。4代目シャレードがベース)では赤の単色というのもあって、色だけが重要ではなかったのです」

米山「(うなづいて)それに、実はもっと『デ・トマソ流』にするなら、(ボディ色だけでなく)エクステリアもさらに似せてホイールもカンパニョーロにするなどしてレプリカ風にするということも可能です。でも今回のモデルで表現したかったのは『当時のスポーツモデルが豊富な頃のダイハツの再現』なので、あえて特定モデルのイメージ反復は避けました」

--東京オートサロンではトールやコペンなど4モデルが『スポルザ』として展示されましたが、市販はブーン(『スポルト』として)が最初になりましたね。

芝垣「ブーン スポルザが好評を得た背景には、市場の潜在ニーズと合致したからだと思います。それはブーンの持つ絶妙なサイズ感です」

米山「ブーンの全長・全幅のタテヨコ比は当時の”熱い”ハッチバック車全般と非常に近かったのです。絶対値で見てもデ・トマソにはかなり近い(※編注:全長×全幅<mm>はブーン シルク=3660×1665、デ・トマソが3600×1575)」

米山「この絶妙なサイズ感が功を奏して、我々としては『ダイハツらしい要素を現代解釈して盛り込んでいっただけ』なのですが、出来上がってみると見事にデ・トマソ的になっていたという(笑)」

--なるほど!

米山「ブーンのサイズ感の良さは他にもありまして、ノーマルでの全幅が5ナンバーサイズ制限まではまだ余裕があるのです」

--昨今のコンパクトカーでは全幅が1695mmとサイズいっぱいになるケースも多いですが、ブーンは1665mmですね。

米山「そうなんです。だからフェンダーガーニッシュを装着してワイド感を出すことができました」

芝垣「デザインするにあたってはあくまでノーマルのデザインありきでいかに特別感を引き出すか、つまり『主張しすぎないが、明らかに違うこと』というコンセプトを持ちましたから、主題に沿うものでした」

--なるほど。それでは『スポルト』として量産化するにあたって注意したことはどこでしょう?

米山「好評を頂いたショーモデルを忠実に再現してもらうことを心がけました」

--よくわかりました。それでは今後の抱負を聞かせてください。

芝垣「今回、ショーモデルが皆さんの評価を得てモノ(市販車)になり純粋にとても嬉しいです。我々としては今後も、継続的にご要望にお応えできる”お客さんに近い会社”でいたいと思っています。まずは2018年早々の東京オートサロンで、このスポルトを含めた全出展車両への声援をお待ちしています。会場のスタッフに直接言って頂いても、現場のアンケート用タブレットからでも構いません」

米山「本当に皆さんの反応が非常に大事なのです。『これ欲しいな』と思ったら是非ともお声がけください。我々が展示する車両はいつでも市販車としてデビューする準備済みの、いわば『会いに行けるアイドル』ですから(笑)」

続いてショーモデルの『ブーン スポルザ』を市販の『ブーン スポルト パッケージ』へと昇華していく中で開発にあたったスタッフに、そのこだわりを聞きました。答えてくれたのはダイハツ関連会社のダイハツビジネスサポートセンター商品事業部・部長の鎌田安紀さんと同・用品事業室長の奈良吉晃さんです。

--市販パッケージ『ブーン スポルト パッケージ』の開発はいつごろスタートしたのでしょう?

奈良「2017年の東京オートサロン閉幕直後ですね。お客さんから発売要望の声が非常に多く、異例なほど早期に市販が決定しました」

--苦労された点はありますか。

奈良「前後パーツはバンパーを丸ごと交換するタイプではなく、既存のブーン シルクのものに追加する構成となっています。このため厚みを抑えながらも衝撃に強く、柔軟性に富む素材が必要となり、当初は材料選定に悩みました。結果的に変性PPEというものを採用して解決するに至ります」

鎌田「この素材は強度や弾性率で優秀な一方で、価格は安くありません。しかし今回は見栄え、耐久性、そしてお求めやすさのバランスを考えて用いることにしました」

--ブーン シルクのボディ面との整合性が高いですね。

奈良「その理由は当然ながらデザイナーの力量によるところが大きいです。が、我々製作サイド側の要因として(ダイハツ純正部品を手がけているオフィシャルなポジショニングであることから)ブーン シルク本体の正確な車両デザインデータが得られていたことが大きいと思います。これによって設計段階からボディとしっかりマッチングするパーツが開発できました」

鎌田「品質を担保する取り組みとしては高耐久性の追求も挙げられます。摂氏マイナス30度からプラス90度まで連続して温度を上下させつつ長時間の試験をしているエアロパーツメーカーは、一般(サード・パーティー)的にはあまりないと思います。

また、今回お客様の好みに合わせて選びやすいようなパッケージ仕様にしました。

パーツはブラックパーツのみで構成し、どんな色のブーンシルクにも合うようしており、既存のダイハツ純正品アクセサリーと組み合わせて、締まりのよいデザインに仕立て上げられます。お客様の好みに合わせて車体色も自由に選んでほしいですね」

というわけでブーン スポルト パッケージは並々ならぬ気合いのもとで開発されていました。その実際のクォリティについては是非とも東京オートサロン会場で確認してほしいです。それも、しっかりと。あえて念を押したわけは、まるで新車設定の1グレード用に装着されたかのように高品質で違和感がないため、チェックを忘れちゃう可能性が高いからなんです。

(文/ウナ丼 写真/吉見幸夫)

「実は狙っていませんでしたが、結果的にデ・トマソの香りがする1台になりました」ブーン スポルト パッケージ開発者インタビュー(http://clicccar.com/2017/12/25/539006/)