リンキン・パーク、メルセデスAMGとコラボ?

写真拡大

メルセデスAMGは、電気自動車の車両接近通報装置──静かすぎることが危険となっている電気自動車が“発すべき音”について、リンキン・パークと話し合っているところだという。

◆チェスター・ベニントン トリビュート・カー画像

同社はまだ、エンジンの音に似せたサウンドを発するか、全く別のサウンドを起用することになるか決めていないというが、CEOのTobias Moers氏は、オーストラリアの自動車マガジン『Wheels』誌に「リンキン・パークを知ってるよね? 彼らと電子サウンドについて話し始めている。僕らは長年、リンキン・パークと連携していて、彼らとすごく親しいんだ」と明かしたという。

リンキン・パークとメルセデスAMGの親交は深く、今秋、メルセデスAMGはチェスター・ベニントンを追悼し、彼のタトゥーからインスピレーションを得た炎のデザインを施した特別仕様車を製造し、プチ・ル・マンでお披露目していた。

Ako Suzuki