CMソング、ドラマ・ゲーム主題歌などを数多く手掛ける熊木杏里

写真拡大

シンガーソングライター・小田和正による、TBSのクリスマス恒例コラボレーションライブ番組「クリスマスの約束」が、ことしは12月25日(月)夜11時40分から放送される。

17回目を迎えた今回の会場は、千葉ポートアリーナ。延べ10万人の応募の中から選ばれた3000人の観客を前に、小田をはじめ豪華アーティストたちが名曲の数々を奏でる。

小田命名の“委員会バンド”(小田、スキマスイッチ、根本要、水野良樹)は、2017年3月1日に逝去したムッシュかまやつさんをしのび、「あの時君は若かった」「我が良き友よ」「どうにかなるさ」などゆかりの名曲をメドレーで披露。

JUJU、松たか子、和田唱は、小田と共にカーペンターズの名曲や、それぞれ思い入れのある楽曲を歌い上げる。

また今回は、シンガーソングライター・熊木杏里が初登場する。

小田は、2006年にテレビCMで熊木の楽曲を耳にして以来、「『どんな人が、どんな風に歌ってるんだろう』と気になっていた。とっても印象に残っている曲。とってもかわいい歌です」と熊木を紹介。

「クリスマスの約束」を番組スタート当初から見ていたという熊木は、小田のギター伴奏で楽曲を披露する。

熊木は、YouTubeにて公開中の「オルビスユー」ブランデッドムービーに「心ごと -U時間-」(2018年1月配信リリース予定)を提供しているほか、2018年3月24日(土)に東京国際フォーラムにてデビュー15周年記念ライブ「An's meeting」の開催を予定している。(ザテレビジョン)