秋だって辛いものが食べたい!旨辛料理を食べて汗納めをしよう!

写真拡大 (全5枚)

シルバーウィークはすぐそこですが、まだまだ暑い! ここいらで行く夏来る秋(ゆく年くる年の同義語)、ラストスパートの駆け込み旨辛を食べて、汗納めをして本格的な秋を迎えましょう!

2017年ラストスパート駆け込み旨辛


シルバーウィークはすぐそこですが、まだまだ暑い! ここいらで行く夏来る秋(ゆく年くる年の同義語)、ラストスパートの駆け込み旨辛を食べて、汗納めをして本格的な秋を迎えましょう!

ということで、グルメな著名人の愛する辛いものを聞いてきました!

秋山具義氏オススメ激辛メニュー3選


【秋山具義:1990年日本大学芸術学部卒業。1999年デイリーフレッシュ設立。広告キャンペーン、パッケージ、写真集、CDジャケット、キャラクターデザインなど幅広い分野でアートディレクションを行う。「日本パッケージデザイン大賞2017」にて「マルちゃん正麺カップ」が金賞受賞。 イタリアンバル「MARTE」のプロデュースも手掛ける 著書に「秋山具義の#ナットウフ朝食_せめて朝だけは糖質をおさえようか」がある。2016年より「食べログ」グルメ著名人として活動】

1. Curry House チリチリ(恵比寿)


【ビーンズマサラカレー(チャナ豆/レンズ豆)に、なま玉子、トマト、ほうれん草をトッピング/マサラカレー¥980、トッピングが各¥100〜(すべて税抜)/料理の写真はすべて秋山具義氏によるもの】

スパイシーで美味しい上に、1人前に玉葱約1個使っているそうで油も控えめで化学調味料も使っていなくて体調を整えてくれるカレー。「マサラ」にすると辛味が強くなります。二日酔いの日や風邪のひき始めの時に行くと元気になります。
食べる頻度は月に1〜2回です。

2. スケッチ(京都)


【黒コショウたっぷりのカルボナーラ¥1,900(税抜)】

カルボナーラのスープパスタで、黒胡椒をこれでもか!というくらいかけていて、そのスパイシーさが爽やかに辛くて美味しい。パスタを食べ終わったら、残りのカルボナーラスープで、京都の老舗製麺所『麺屋 棣鄂(ていがく)』のつけ麺用のウイング麺の替え玉ができるのが最高です。京都に行った時に2回行きました。京都に行ったら行きたい店です。

3. チャメ(恵比寿)


【豚キムチスンドゥブ 青唐辛子入り¥980(税抜)】

いつも辛さは2.5辛にしています。食べながら汗が滝のように吹き出します。豚がバラ肉ではなくてブロックなのが好きです。石釜ごはんなので、おこげもできて純豆腐のスープとの相性がバツグンです。たまに、辛いものを胃に入れたくなったら行きます。