スキマスイッチ、新アルバム『新空間アルゴリズム』発売 全国ツアーのバックステージ招待も

写真拡大

 スキマスイッチが、2018年3月14日に7thアルバム『新空間アルゴリズム』をリリース。あわせて、新アーティスト写真を公開した。

(関連:山下達郎、福山雅治、スキマスイッチ……J-POPの魅力を再認識できる新作

 スキマスイッチは2018年にデビュー15周年を迎え、『新空間アルゴリズム』は約3年ぶりのオリジナルアルバムとなる。今年9月に発売された最新シングル曲「ミスターカイト shinku-kan mix」(シングルとは異なるアルバムバージョンMIX)や、ドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SECOND SEASON』(テレビ東京系)主題歌の「リチェルカ」、マイナビ転職CMソングに起用されている「さよならエスケープ」など、新曲とあわせて計10曲を収録。全3形態でのリリースとなり、完全受注生産で豪華ボックス仕様の限定DELUXE盤には、メンバーが選んだほかでは見ることができないライブ映像や、スペシャルコンテンツ映像も収められる。また、初回限定盤には「LINE」「ミスターカイト」のMVや、スペシャルコンテンツ映像が収録される。

 なお、スキマスイッチは2018年4月より全国27都市を巡る『SUKIMASWITCH TOUR2018 “ALGOrhythm”』を開催。追加公演も新たに3公演発表され、アルバム全形態共通抽選応募特典として、同公演のバックステージ招待も行われる。(リアルサウンド編集部)