警察官と殺人鬼…2つの顔を持つ男が主人公『DEXTER/デクスター』を一挙配信

写真拡大

全米各賞受賞のサスペンスドラマ『DEXTER/デクスター』シリーズが、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」の定額制見放題サービス「FODプレミアム」にて、12月25日(月)24時より配信開始となった。

『DEXTER/デクスター』シリーズは、ジェフ・リンジーの小説「デクスター 幼き者への挽歌」を原作とした、アメリカ合衆国のテレビ局「ショウタイム」で2006年から2013年にかけて放送された全8シーズン、各12話の全96話で構成されたドラマ。エミー賞「ドラマシリーズ部門 作品賞/主演男優賞」他計14部門にノミネート、2010年には監督賞を含む2部門を受賞した。また、ゴールデングローブ賞「最優秀主演男優賞」にも5年連続ノミネートし、2010年に受賞。さらに、ゴールデンサテライト賞の作品賞、主演男優賞、助演男優賞3部門制覇し、その他にも数多くの受賞歴を持つ作品だ。

主人公は、マイアミ警察の血痕鑑識官として働く、マイケル・C・ホールが演じるデクスター・モーガン。彼は優秀な鑑識官として事件を解決する一方で、自らの殺害欲求を抑えられないシリアルキラーとしての顔も持っていた。デクスターは、幼少期に母親を目の前で惨殺されるという経験から、人を殺したいという欲望を抱く。彼の育ての親であり刑事のハリーはその欲望に気付き、デクスターを凶悪な殺人犯にさせないため、殺すべき人間の選定、痕跡を残さない殺し方を教え込む。デクスターはその教えを守り、法で裁き切れない凶悪犯を己の欲望のままに次々と殺害していく、という物語が展開する。