ミッキートラベルズスカジャン(「ユニクロ HP」より)

写真拡大

 ユニクロといえば、機能性を重視したファッションアイテムを、財布の紐を緩めたくなるような絶妙な価格設定で販売していることで知られている。が、ファッション知識の乏しい中年男性がコストパフォーマンスの面だけで購入すると、イマイチなコーディネートになってしまうことも珍しくない。

 ユニクロを運営するファーストリテイリングの発表によると、2017年11月のユニクロの売上高は、前年同月比で8.9%増。前年同月を上回るのは3カ月連続となった。11月下旬に実施された大型セール「誕生感謝祭」では多数の店舗で長蛇の列が見られ、この好調ぶりが売上の伸びにつながったのだろう。

 そんな好業績を見せるユニクロのメンズアイテムに着目。前回はファッション性とコストパフォーマンスを評価軸にし、「この冬、ユニクロで買うべきメンズアイテム ベスト5」をスタイリストの大山旬氏にランキング形式で解説していただいた。そして今回は逆に、ファッション知識のない男性が買ってしまいがちな“失敗商品”も大山氏にランキングにしていただいた。

●この冬、ユニクロで買ってはいけないメンズアイテム ワースト5

第5位:「ジョガーパンツ/2,990円」

「ここ数年に渡って流行しているアイテムなので、“間違いない”と思って手に取る中年男性も多いのですが、難易度の高いシルエットだということを忘れてはいけません。日本人の足の長さやフレッシュさのない年代を考慮すると、“ジャージ感”が前面に押し出されるため、だらしない印象を与えかねないのです」(同)

第4位:「フリースフルジップジャケット/1,990円」

「軽くて暖かいフリースがこの価格で手に入ると思うと、コスパがいいのでついつい買ってしまいがちですが、これこそユニクロが“ダサい”と思われていた時代の象徴的アイテム。どうしても外に着ていくのであれば、コートの下などに仕込ませるなどして、あくまでもコーディネートの主役にはしないことを意識したほうがいいのでは」(同)

第3位:「フランネルチェックシャツ/1,290円」

「日本では、チェックシャツに対して“オタクファッション”というイメージがありますから、チェックの配色や着崩し方を熟知していない男性が着こなせるアイテムではないんですね。他ブランドと比べると、チェックシャツそのものとしては良心的な価格をしているのですが、年齢を重ねた男性には3色使いの派手なシャツが似合わないのが現実です」(同)

第2位「ミッキートラベルズスカジャン/5,990円」

「中年男性がキャラクターのプリントされた服を着るのは無理があるものです。ましてや、主張が強いスカジャンをアウターに持ってくれば、コーディネートの印象の大半を占めることになりますからね。一見、太いジーンズを合わせればまとまりを演出することができるかもしれないと思いがちですが、全体の個性が強すぎて、“年相応”とは言い難いものになってしまいます」(同)

第1位「JW ANDERSON ライトダウン/5,990円」

「チェック柄とダウンジャケット。どちらも“野暮ったさ”のあるアイテムなだけに、垢抜けないイメージを加速させてしまう可能性が高い。一番外側(アウター)に柄物を起用することは、スマートさに欠け、年甲斐のない印象を与えかねませんので、ベーシックなユニクロらしいアイテムとは言い難いデザインになっているんです」(同)

●中年男性が失敗しない“ユニクロの買い物ルール”

 最後に、大山氏にユニクロアイテムについて総評をしてもらった。

「コスパがよく機能性に優れているユニクロにおいて、ファッション的なミスを避けるために念頭に置いてほしいのは、“ユニクロの8割のアイテムは買うべきではない”ということ。ユニクロに対してベーシックなイメージをお持ちの方も多いのですが、実は、使い勝手のいい服というのは2割程度しかないのです」(同)

 カラーバリエーションが豊富なところがユニクロの強みだが、それがダサコーデにつながる落とし穴になっているという。

「ファッションの知識がない人にとっては、使いこなすことができない色を選んでしまう原因にもなりかねませんからね。そうならないためには、柄物を避けて、白・黒・ネイビー・グレーのアイテムのみを購入するようにするといいでしょう。そういった自分ルールをつくっておけば、自然に選択肢が絞られてくるはず。さらに、チェスターコートや丸首のセーターなど、大人の男性に似合いそうな落ち着きのあるアイテムだけを選んでいけば、持っているアイテム同士の相性もよくなり、コーディネートの失敗も防ぎやすくなるんですよ」(同)

 ユニクロのダサコーデから脱却したいのであれば、ぜひ今回のランキングで紹介したアイテムや、大山氏が提示したユニクロでの買い物ルールを参考にしてみてほしい。
(文=増田理穂子/A4studio)