『はあちゅうの 20代で「なりたい自分」になる77の方法』(PHP研究所)

写真拡大

 ハリウッドの大物プロデューサーであるハーヴェイ・ワインスタインによる性暴力告発に端を発した「MeToo(私も)」の動きが、ようやく日本でも活発化してきた。

 ワインスタイン問題以前に日本では、伊藤詩織さんによる元TBS記者・山口敬之氏からのレイプ被害告発が起こっていたが、最近では人気ブロガーの「はあちゅう」こと伊藤春香氏の電通在籍時の先輩で有名クリエイター・岸勇希氏に対するセクハラ・パワハラや、演出家・市原幹也氏による立場を利用した性的関係の強要の事実があきらかになり、SNS上では自分が受けた性被害の実態を告白する女性の投稿が相次いでいる。

 しかし、その一方で目立つのは、告発する女性たちに対する誹謗中傷や、セクハラを矮小化しようとする卑劣なバッシングの数々だ。

 伊藤詩織さんに向けられた「そもそも一緒に酒を飲んだのが悪い」という信じがたい暴言に、はあちゅうへの「売名行為だ」という糾弾に、「お前も童貞差別をしていたくせに」という"どっちもどっち"を振りかざした攻撃。性的関係の強要を強いられた女性の告白に「ただの枕営業」「自分が得をしたかっただけなのにいまさらすぎる」という非難......。

 そして、ついにはツイッター上で、「AED(自動体外式除細動器)を男性が使った場合、多くの女性がセクハラで訴えるとアンケートで答えた」という旨の投稿に2万回を超えるリツイートがなされ、「セクハラで訴えられるから女性は見殺しにしてもいい」とでも言いたげな意見が溢れ、セクハラ被害を訴える女性の身勝手さを強調させた。その後、この投稿が「嘘」であったことを投稿者本人が認めたが、セクハラ告発をバッシングする流れは勢いづいたままだ。

 一体、この国はいつまでこんなことをつづけるのだろう。いまから約20年前の1999年、大阪府知事選において横山ノック氏がはたらいた強制わいせつとセクハラ行為に対して女子大生が民事訴訟を起こした際、ノック氏ではなく女子大生への攻撃と誹謗中傷が溢れかえった。女子大生は自殺を考え、入院しなければならないほどに追い込まれたことを自著で明らかにしているが、20年経ってもこの国は、このように加害者ではなく被害者を叩きのめそうとするのである。

 性暴力やセクハラ事件の発覚で繰り返される、「派手な服を着ていたのではないか」「女の言動が誤解を招くものだったのでは」「隙を与えた女が悪い」「夜にひとりで歩いていたのが悪い」「車に同乗したのが悪い」という被害者に対する批判。なぜ、被害者にばかり非難の声があがり、加害者の非道は指摘されないのか──。

 そうした問題について、「これは男性の問題だ」という声が上がっている。女性たちからだけではない、当の男性たちからも、だ。

●セクハラ男性の言い訳「女性は拒否していなかった」を生む、男性の無自覚

〈加害意識のない加害者たちの意識を"男性問題"として俎上にあげない限り、問題の本質は見えてこないだろう〉
〈「仕掛けられる」被害者でしかない女性の側に説明責任を問うこと自体が、本末転倒と言わなければならない。説明責任はあくまで「仕掛ける側」にあり、加害者である男性が考えなければならない"男性問題"なのである〉

 そう指摘したのは、2006年に出版された『壊れる男たち─セクハラはなぜ繰り返されるのか─』(岩波新書)。著者は、東京都の労働相談に携わり、その過程でセクハラ被害者の相談を受け、加害者とも面談を重ねてきた金子雅臣氏だ。

 同書のなかで金子氏は、「加害者であるのに自覚がない男たち」に何人も出会ってきた、という。たとえば、氏が携わったセクハラ事件のひとつは、こんなものだった。

 広告会社に勤める女性が、上司の男性から「社員のことで相談がある」と言われて社外の店に行くと、リストラ候補の女性がいること、その女性はそのリストから外していることを告げられる。その後、「恋人はいないのか」などのプライベートの話におよぶが、女性が「遅いので帰ります」と言うと、帰りの車はなぜか山の中に向かった。そこで上司は脇道に車を止めると「いい年をしてわからないことはないだろう」と言い関係を迫ってきた。彼女は必死で拒否をして、上司もしぶしぶ車を発進させた──。

 女性にしてみれば、上司から「仕事の相談」と言われれば聞くほかない。だが、上司は「なぜ、そんなことを問題にするんですか」と気にもとめない。金子氏に、その上司はこう話したという。

「男たちが女性ときっかけをつくる時にはよくあることで、大したことではないじゃないですか。「ちょっと相談があるんだけど......」などというのは、相手を誘う場合によくある言い方ではないんですか」

 そして、「セクハラじゃないですよ。絶対にそんなことはありえませんよ」と胸を張り、その理由として、部下の女性が「終始明るかった」こと、さらには「あそこまでいったのに、何もしなかったんですよ」という自分の"誠実さ"をアピールしたのだ。

「明るかった」というのは加害者からよく聞かれる声だ。しかしそれは今後も上司と部下という関係をつづけていかなければならないことが念頭にあってのことだ。あるいは、激昂させて行為をエスカレートさせたくないという防衛反応もある。しかし、そうしたことを、加害者男性はまったく想像できない/しようとしないのだ。金子氏はこう指摘する。

●男尊女卑にあまりに慣れすぎて、自分の加害性に気がつけない男性

〈セクシュアル・ハラスメントの事件を見ていて、どうしても気になるのは、加害者となる男性たちが、自分の置かれている立場をまったく理解していないことだ。つまり、立場の絡む人間関係ということに、いまだ何の配慮もないように見えることである。(中略)
 いや、それ以上に、男性としての優位性に慣れすぎてしまっていると思われることもある。
 だから平気で相手のことを無視したり、被害者女性が拒否することのできない弱い立場にあるということも、同じように忘れてしまっている。
 また、それが職場での立場が絡んだ上下関係であるにもかかわらず、そのことも忘れて、まったく個人的な男と女の関係であると錯覚して、プライベートな感情に浸りきって逸脱してしまうことが多いのである。そうした結果、相手に自分の意思を強要していることに、まるで気づかないという状況が生まれてしまう〉

 さらに金子氏は、このような加害者男性が異口同音に口にする言葉がある、という。「オンナとは気まぐれで、嘘つきで、男によって変わる」「彼女だって、そうなることを望んでいた」といった類いのレッテル貼りだ。だが、金子氏はあることに気づく。

〈事件の一つひとつに目を凝らして見ていると、ワンパターンなのは女性の方ではなく、むしろ「オンナとはそういうものなんだ」と括りたがっている男性にタイプが共通しているような気がする。
 そう言えば、男性たちによって描き出される女たちがワンパターンなのは、描き出す男性たちの表現がワンパターンだからなのではないだろうか。(中略)そうした男性たちが抱いている、自分たちに都合のいいワンパターンな女性像を相手の女性に重ね合わせようとしたり、そこに身勝手な望みを押しつけたりすることによって起こる事件こそが、セクハラ事件なのだ〉

 同じように、性犯罪の加害者に対して再犯防止プログラムを実践してきた精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏も、『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)のなかで、男性の身勝手な女性に対する認識について指摘をおこなっている。

 斎藤氏によれば、〈常習化した痴漢のあいだではある程度の普遍性があると思われるもの〉に、「多くの女性は痴漢されているうちに気持ちよくなる」「女性は無意識のうちに痴漢されたいという願望を持っている」「肌の露出が多い女性は、性欲が強い」「ちょっとぐらい触られたからといって、女性も何かが減るわけじゃない」といった捉え方があるという。斎藤氏はこうした捉え方を「認知の歪み」と呼ぶが、その根底にあるものとして〈その人がそれまでに培ってきた"女性観"〉、ひいては〈わが国における男尊女卑的な社会通念〉を挙げる。そのようななかで、痴漢のみならず、男女問わず社会の多くの人が「認知の歪み」を間接的に認めているのではないか、という。

●性犯罪防止のために女性に「気をつけようと」と呼びかける理不尽

〈性犯罪防止が語られるときには必ずといっていいほど、「気をつけよう」と女性側の注意が促されます。警察でも学校でも家庭でも、なんの疑問もなく「女性に落ち度があれば、性犯罪に遭う」という考えが暗に受け入れられているのです。これでは"性犯罪=女性の問題"という等式が成り立ってしまいます〉
〈社会から男尊女卑の概念がなくならないかぎり、そこにある認知の歪みも是正されることはなく、性暴力加害者は再生産されつづけます。痴漢をはじめとする性犯罪は決して女性側の落ち度から発生するものではありません。男性優位社会に付随する女性差別的な視線が根幹にあることに、私たちはそろそろ気づくべきです〉

 社会に流れる男尊女卑の価値観が、「男性の問題」たる女性への性暴力を「女性の落ち度」に片づけようとしている──。こうした構造を指摘・批判すると、ネット上では必ずといっていいほど「フェミニスト女のヒステリー」などとあげつらわれるが、斎藤氏は男性である。しかも、斎藤氏は〈痴漢についての話がはじまると必ずといっていいほど「でも冤罪があるではないか」という声が上がるのは的外れ〉と批判し、男性がいかに痴漢被害への想像力が欠如しているかを強調する。

〈痴漢問題とは向き合えず、痴漢冤罪ばかりを強く主張する男性たち。人は見たくないものは、見ないものです。見ない物事にこそ男性を痴漢に走らせる本質があるのでしょう。それはとりもなおさず、男性が実は痴漢問題に関して当事者性を持っていることにほかならないと私は思います。加害者としての自覚があるからこそ、向き合えない。くり返しになりますが、痴漢は女性の問題ではなく男性の問題です。男性が目を逸らしつづけ、「女性の努力」による通報に頼るばかりでは、撲滅の日はいつまで経っても訪れません〉

 実際、痴漢冤罪の問題ばかりを強調する男性たちが糾弾しているのは、現に冤罪を生み出している警察や検察の問題でなく、なぜか被害を訴えた女性だ。 

 いま、声をあげる女性たちは、いままで語ることができなかった性暴力を公にし、その暴力に反対している。そしてこれは、金子氏や斎藤氏といった男性たちが指摘するように、「女性の問題」ではなく「男性の問題」なのである。性暴力の被害者をバッシングする人たちは、いま一度、「被害女性の落ち度がことさら気になるのはなぜなのか」について、男女問わず考えてみてほしい。

 これは、他の問題にも通底する。LGBT、障がい者、貧困者といった人びとが差別の実態を訴えたり政策の不備を指摘するとき、やはり同じように弱者バッシングが繰り広げられるからだ。だが、バッシングをする前に、「非難したい自分」について考える必要がある。社会的優位の立場から強者の物言いになっていないか。社会の構造を無視したり一方的な価値観に基づいてはいないか──。

 想像力が、みんなにとって生きやすい社会をつくり出す。「MeToo」という運動の根本には、そうした問いかけが含まれているのではないだろうか。
(田岡 尼)