首相官邸HPより

写真拡大

 トランプ米大統領の右腕で、政権の最高幹部である首席戦略官を8月まで務めたスティーブン・バノン氏が来日し、NHKや民放、新聞各社が会見や講演の模様などを大々的に報じた。バノン氏といえば、大統領選ではトランプ陣営の選対トップに就任し、「影の大統領」とまで呼ばれた人物で、一部イスラム諸国からの入国を禁止した大統領令もバノン氏の発案と言われている。

 周知の通り、バノン氏はオルタナ右翼(alt-right)やレイシストたちから熱烈な支持を受ける右派ニュースネットワーク「ブライトバート」の会長だ。ブライトバートは、大統領選でも「ヒラリーはパーキンソン病」「ヒラリーがピザ店を拠点に児童売買」「ローマ法王が、トランプ支援」などの大量のデマを発信、トランプ大統領誕生をアシストした。バノン氏は、米国では極右思想の持ち主として批判される一方、本人は「ポピュリスト」を自認し、CNNなどのマスコミ報道対して「フェイクニュース」との攻撃を繰り返している。

 そんな"アメリカのネトウヨの首領"のような人物を、国内マスコミは政府要人として扱い、その来日中の発言を大々的に報じているわけだが、他方で、テレビや全国紙がスルーしていることがある。それは、バノン氏が安倍首相に対してこのような賛辞を送ったことだ。

「安倍首相は、私が尊敬するリーダーの一人で、そのナショナリズムは本当に素晴らしい」
「私は、大きく言って、安倍総理は"トランプ以前のトランプ"(Trump before Trump)ではないかと思っている」

 ようするに、日本の首相が、オルタナ右翼の総帥的な人物から、"トランプよりもトランプらしい"と絶賛されたのである。たしかに、本サイトでも以前から指摘してきたように、自らに批判的なメディアに対し「フェイクニュース」「偏向報道」とレッテル貼りし、吊るし上げる手法は瓜二つだ。事実、産経新聞によれば、二人は初会談の際にこんな会話をしたのだという。

〈昨年11月の米ニューヨークのトランプタワーでの初会談で、軽くゴルフ談議をした後、安倍はこう切り出した。
「実はあなたと私には共通点がある」
 怪訝な顔をするトランプを横目に安倍は続けた。
「あなたはニューヨーク・タイムズ(NYT)に徹底的にたたかれた。私もNYTと提携している朝日新聞に徹底的にたたかれた。だが、私は勝った...」
 これを聞いたトランプは右手の親指を突き立ててこう言った。
「俺も勝った!」
 トランプの警戒心はここで吹っ飛んだと思われる。〉(2017年2月11日付)

 ようするに「俺は朝日新聞に勝った!」「俺もニューヨーク・タイムズに勝った!」と意気投合することで、安倍首相はトランプの心を掴んだらしい。そもそも、安倍首相はトランプ大統領誕生前から、とりわけ朝日新聞を敵視し、攻撃することで、批判的な報道に圧力をかけてきた。トランプの片腕で、自身もフェイクニュースメイカーであるバノン氏が「安倍はトランプ以前のトランプ」と賞賛するのもごもっともというものだ。日本としては実に不名誉な"ポスト・トゥルース時代の先駆者"の認定である。

 このバノン氏の発言があったのは、16・17日に渋谷区で開催された保守系シンポジウム「Japanese Conservative Political Action Conference 2017」(J-CPAC)でのこと。CPACはアメリカの草の根右派運動で、J-CPACはその日本版という位置付けらしい。日本からは、評論家の金美齢氏、石平氏、西村幸祐氏、さらに田母神俊雄サンや作家の百田尚樹センセイなど、極右界隈でおなじみのメンバーが参加。また、政治家では自民党の佐藤正久参院議員がセッションに登場していた。

 このシンポの模様はネット動画サイトでも配信されているのだが、たとえば百田センセイは「誰も知らないハリウッドの『現実』」なる趣旨のセッションで、「大手メディア、これはかなりひどいフェイクがあります。朝日新聞、テレビ朝日、TBS、毎日新聞、日本のほとんどの新聞がそうです」とまたぞろメディア攻撃。ようするにバノン氏は、自らがデマを垂れ流しておきながら政権批判するマスコミを「フェイクニュース」呼ばわりしまくっている日本の"お仲間"に迎えられるかたちで参上したのである。

 実際、J-CPACでバノン氏とのスペシャルトークセッションに参加したのは、ジャーナリストの木村太郎氏と自称文芸評論家・小川榮太郎氏の二人。木村氏といえば、トランプ大統領誕生を的中させ、テレビでも反トランプデモを「民主主義に対する抗議」と批判するなど擁護発言が目立つ。小川氏は、報道圧力団体「放送法遵守を求める視聴者の会」の創設メンバーで、政権に批判的なテレビや新聞のバッシングに明け暮れている"安倍応援団"の一人。最近も選挙中に『徹底検証「森友・加計事件」』(飛鳥新社)なる本を出版し、朝日新聞を名指しして「『安倍叩き』のみを目的として、疑惑を『創作』した」「戦後最大級の報道犯罪」などと批判したが、その記述の根拠がほとんど妄想めいたシロモノであることは本サイトでもお伝えしたとおりだ。

 当然のように、二人はバノン氏と意気投合した。小川氏が「われわれ民主主義国家のなかで、非常に共同して戦いにくくなっている大きな原因がリベラルメディアの偏向だというふうに思っています。その点はバノンさんと認識が一致していると思うのですけれども」などと言うと、バノン氏は「主流メディアはグローバリストの犬で、プロパガンダをやっている」「保守的で新しいメディアが始まっているんです」と呼応。さらに木村氏に至っては、こんなことまで言いだす始末だった。

「日本人はアメリカのフェイクニュースの犠牲者だと言っても過言ではないですよ。なぜなら日本のメディアはアメリカの主流メディアと関係しているわけで、私たちはそれとは違うオルタナティブなニュースを聞くことができないのです。バノンさんはブライトバートをおもちですね。私はこう提案したい。ブライトバートのアジア支局を開いてはどうでしょう、ここ東京に! ぜひ日本語でニュースを出してください」

 木村は、CNNをはじめとするトランプ政権に批判的メディアのことをフェイクニュースと呼び、デマと差別まみれの「ブライトバート」の日本版を立ち上げてくれ!と呼びかけたのである。

 これに対し、バノン氏も「ぜひ日本でブライトバートの事業を始めたい」とまんざらでもない様子で、会場は拍手喝采。まったくクラクラしてくるではないか。"第2のテキサス親父"か"第2のケント・ギルバート"でも狙うのか。

 いや、それどころではない。バノン氏のブライトバートは、テキサス親父とかケント・ギルバート氏のような"ネトウヨ向け極右外国人ビジネス"とはスケールが全然違う。ブライトバートは、前述のように政敵を貶めるフェイクニュースを発信しているほか、イスラムヘイトや女性・LGBTに対する差別を扇動するなど、極めて悪質。しかも、それをSNSなどで拡散させる技術も持っている。日本にブライトバートが上陸すれば、野党へのデマ攻撃だけでなく、マイノリティへのヘイトスピーチがこれまで以上に濫造されてしまうのは目に見えている。

 いずれにしても、こうして安倍首相を「トランプ以前のトランプ」と絶賛し、ブライトバートの日本支局設立に色気をみせたバノン氏の発言は、日本にとって極めて大きな危機感を抱くべきものだ。しかし、このJ-CPACでの発言や日本の極右界隈とのやり取りをちゃんと報じたのは、英字新聞のJapan Timesぐらいで、国内テレビ局や新聞はスルー状態。こんなことでは、右派による卑劣なデマ攻撃を座して待つだけだ。

 ただでさえ、読売新聞や産経新聞、NHKは"政権の御用メディア"になっており、朝日新聞や民放も"中立病"と呼ぶべき両論併記の腰砕けが目立つ。安倍応援団の極右界隈が、アメリカのフェイクニュース事業のノウハウを習得して勢いづいてしまえば、日本の民主主義は死に体になってしまうだろう。国内マスコミは自覚するべきだ。
(編集部)