メカニズムとデザインにこだわり続けて13代

 スカイラインが誕生したのは、今から60年前の1957年4月のことである。飛行機メーカーを母体とする自動車メーカー、富士精密工業(のちのプリンス自動車)が生んだ初代スカイラインは、メカニズムだけでなくデザインも進歩的な設計だった。とくにメカニズムと安全には強いこだわりを持っている。初代のALSI型もライバルを圧倒する高性能を誇示した。

 スポーツセダンとしての道を歩み始めたのは、2代目のS50型スカイラインのときだ。ダウンサイジングして走りの実力を高めるとともに、時代に先駆けてメンテナンスリー化を推し進めた。また、2リッターの直列6気筒SOHCエンジンを積んだスカイラインGTを開発。新たなスカイライン伝説を生み出している。

 スカイラインGTは2000GTの名でカタログモデルとなり、究極の走りを目指した硬派のGT-Bと上質な大人の走りのGT-Aとに枝分かれした。前者は、次の世代でGT-Rへと発展する。後者のGT-Aの流れを組むのが、現行のV37型まで続くスカイラインだ。DNAと熱いスピリットを受け継ぎ、意のままの気持ちいい走りを楽しめる。また、快適性も高いからロングツーリングも得意だ。

 スカイラインは3代目で日本を代表するスポーツセダンへと成長した。4代目は走りのよさと優れた快適性に加え、優れたファッションセンスも身につけている。

 5代目では時代に先駆けてターボを搭載し、力強い走りを実現。続く6代目のR30系では、さらに痛快な走りを手に入れた。

 そして8代目では小型車の究極の姿を追い求めている。が、90年代には安全性と快適性を高めるために、3ナンバー枠に踏み込み、環境性能も磨いた。

 21世紀に入ると、新しい心臓と新しいパッケージングが与えられ、世界に通用する大人のプレミアムセダンを目指すようになる。11代目からは、殻を破って世界へと飛び出したのだ。

 最新のスカイラインとして送り出されたのが13代目のV37系である。2017年12月、プレミアムセダンとしてのポジションを、さらに強化することを目指し、改良と化粧直しを行った。

 エクステリアは、スカイラインならではのシャープでスポーティな表現を継承しながら、走りの魅力を際立たせるために入念に作り込み、高揚感あるデザインとなっている。プレミアム派のタイプPはよりラグジュアリーに、スポーティ派のタイプSPはよりアグレッシブな方向にデザイン品質を高めた。

 フロントマスクは、ハニカムグリルとバンパーのデザインを変え、ヘッドランプシグネチャーやフォグランプフィニッシャーも新しいデザインになっている。タイプSPは凛々しい顔立ちだ。スポイラーサイドフィニッシャーも存在感を増した。アルミホイールも目をひくデザインである。

 タイプPは17インチから18インチにインチアップ。タイプSPの19インチアルミホイールは、躍動感あふれるスポークデザインを採用した。

 リヤビューもスタイリッシュなデザインだ。LEDの輝きを増した新デザインのリアコンビランプを採用し、バンパーもデザインを変えている。色味を厳選したライセンスフィニッシャーも印象的だ。ボディカラーは9色を設定した。新たに、エレガントなインペリアルアンバーを加えている。

室内はドライバーを「その気」にさせるスポーティさ

 最新のスカイラインは「走るたびに胸躍る、新時代のプレミアムアスリートセダン」を商品コンセプトにしている。エクステリアと同じようにインテリアも、スポーティ度を高めるとともにプレミアムな質感を向上させるために変更を加えた。

 インストゥルメントパネルは、走りの世界へといざなう、ドライバーオリエンテッドのT型デザインだ。運転席と助手席をセンタークラスターとセンターコンソールで分け、独立した空間としている。

 インストゥルメントパネルはソフトパッドを厚く張った上質な仕上げとし、シフトノブやパッセンジャー側にシルバーのステッチを縫い込んでプレミアム感を向上させた。メーターは、大径の丸形2眼メーターのデザインとイルミネーションの照明色を変えている。クロームメッキで縁取り、ベゼルのデザインと色調も変更するなど、メーターは、プレミアムに対して強いこだわりを感じさせるデザインだ。また、本革巻きステアリングのデザインも新しい。グリップ感がよく、使用頻度の高いスポーク部のスイッチも操作しやすい。

 歴代のスカイラインは、質の高いドライビングプレジャーを売りのひとつにしている。日産は、インテリジェント・モビリティを通して、クルマと人の体験を、よりワクワクしたものにしていくことを目指しているが、最新のスカイラインが目指したのも、インテリジェントな走りだ。また、日産車として、初めて全方位型の安全支援システムを採用し、これを全車に標準装備した。あらゆるシーンで人を守ろうとする姿勢を最新モデルも貫いている。

 安全支援システムの筆頭が、前走車と一定の距離を保ちながら追従するインテリジェント・クルーズコントロールだ。前方衝突予測警報(インテリジェントFCW)や万一のときのインテリジェントエマージェンシーブレーキ、後側方衝突防止支援システム(インテリジェントBSI)、後側方車両検知警報なども採用した。また、ハイビームアシスト(HBA/ADW)も装備する。上から俯瞰し、クルマの位置や障害物を見せ、安全に駐車を行うことができるインテリジェント・アラウンドビューモニターも標準装備だ。移動物検知機能も盛り込んでいる。

 パワートレインは2種類を設定した。フラッグシップは3.5リッターのV型6気筒DOHCエンジンにモーターを組み合わせた350GTハイブリッドだ。日産独自の1モーター2クラッチ式のインテリジェントデュアルクラッチコントロールを採用したハイブリッド車は、瞬発力が鋭い。モーターの後押しによって瞬時にパワーとトルクが湧き上がり、異次元の加速を楽しめる。EV走行の領域も広い。

 搭載するV型6気筒エンジンも上質なパワーフィーリングだ。スムースなパワー感に加え、静粛性の高さも群を抜く。タイプSPに装備されているパドルシフトを駆使すれば、ワインディングロードで意のままの気持ちいい走りを楽しめる。エコモードでアクセルを踏みすぎると踏力が重くなるエコペダル、これも燃費向上に効果は大きい。

 スカイライン伝統の2リッターモデルも魅力的だ。直列4気筒直噴ターボを搭載する200GT-tは、ターボが低回転から素直に立ち上がり、胸のすく加速を楽しめる。

 ハンドリングは、スポーティかつ上質な味わいだ。ダイレクトアダプティブステアリングの採用と相まって、軽やかにクルマが向きを変える。狙ったラインにピタッと寄せることができ、コーナリングでは路面に吸い付いたかのような安定感のある走りが可能だ。

 ドライブモードセレクターの採用と相まって、意のままの気持ちいいハンドリングと軽快な身のこなしを実現している。乗り心地も上質だ。最新のスカイラインは、運転が上手くなったと感じさせる上質なスポーツセダンで、ステアリングを握るのが楽しい。

【スカイライン走行ムービー(車両は60周年記念車)】