画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●2017年1月5日3時までだぞーいそげー

Steamにて11月に実施されたオータムセールは、我々ゲーマーのお財布と睡眠時間に大変な負担をかけて終了した。だが戦いはまだ続く。12月22日より始まったウィンターセールも、それに負けず劣らずの素晴らしいラインナップと割引率で、ゲーマーのフトコロとハートをわしづかみにしようとしている。

セールの終了日は2018年1月5日3時まで。ちなみに筆者は、先月、先々月とKindle本のセールでクレジットカードが非常にやばいことになっているので自重……するつもりだったがやっぱりウインターセールの魅力には勝てなかったよ……。

今回は、あまりにもセールタイトルが多いため、抑えておきたい大作のほか、個人的にオススメなゲームについて、日本語にローカライズされているものに絞っていくつか紹介する。また、ウィンターセールとは別のセールとなっている作品も含める。

ちなみに、Steamのサイトもしくはクライアントをログインしてで閲覧すると、自分のこれまでの購入履歴やウィッシュリストの中身などから、「これあなたの好みじゃない?」というタイトルを紹介してくれるので、そちらも活用してほしい。

○オータムセールに続いてお買い得なタイトル

まずはオータムセールの記事で紹介したタイトルから、引き続きセール対象となっているものチェックする。ここではタイトル名と割引率と値段のみ記載する。基本的には割引率も変わっていないので、詳細は前回の記事を参考にしてほしい。

The Witcher 3: Wild Hunt - Game of the Year Edition 60%オフの2,592円。

Grand Theft Auto V 60オフの2,800円(オータムセールでは50%オフだった)

The Evil Within 2 50%オフの3,990円

Watch Dogs 2 66%オフの2,754円

Fallout 4: Game of the Year Edition 50%オフの2,990円

EARTH DEFENSE FORCE 4.1 The Shadow of New Despair 40%オフの2,988円

The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition 50%オフの2,100円

Sid Meier's Civilization V: Complete 92%オフの82円(最新作のVIもあり。以下で紹介)

Bayonetta 50%オフの1,095円

Life is Strange Complete Season 75%オフの495円(日本語化されていない続編「Life is Strange: Before the Storm」も36%オフの1,820円)

XCOM: Enemy Unknown 75%オフの745円

What Remains of Edith Finch 35%オフの1,287円(オータムセールでは33%オフだった)- Shadow Tactics: Blades of the Shogun 50%オフの2,240円

Plague Inc: Evolved 55%オフの756円

Universe Sandbox2 33%オフの1,661円

●抑えておきたい売り上げ上位の人気タイトル10選

12月22日現在での売り上げランキングの上位から、セールされているタイトルをピックアップする。

・Assassin's Creed Origins - 30%オフの5,670円

10月27日に発売されたばかりの、Assassin’s Creedシリーズ最新作が早くもセール対象に。シリーズ10作目ながら、これまでの作品よりも過去の時代が舞台となっており、物語の原点が描かれている。

特別な衣装や盾、武器、剣、牙を装備した馬やボーナスアビリティなどが付属する「Assassin's Creed Origins Deluxe Edition」も30%オフで6,577円。Deluxe Editonに加えシーズンパスが付属した「Assassin's Creed Origins - Gold Edition」も30%オフで8,391円。

・Sid Meier’s Civilization VI - 50%オフの3,500円

世界の各文明モチーフにした、ターン制ストラテジー「Civilization」シリーズ最新作。日本を含む世界中の文明から自勢力を選び、単に戦争をするだけでなく、外交、内政を駆使して世界に覇を唱えるのだ。各種DLCがセットになった「Sid Meier's Civilization VI - Digital Deluxe」も50%オフで4,650円になっている。

・Tom Clancy's Rainbow Six Siege - 40%オフの4,860円

世界各国の各種エキスパートによって構成された、対テロチームをモチーフとしたFPS。射撃の腕前だけでなく、人質の保護や爆弾の解除、エリア確保といったミッションをこなす必要があり、チームメンバーの能力を活かすことが重要となる。

基本的には本編と同内容だが、各種コンテンツのアンロック手順が違うものがある、特別版「Rainbow Six Siege: Starter Edition」が40%オフで1,166円。本編に加えてYear2passなどが付属する「Tom Clancy's Rainbow Six Siege - Year 2 Gold Edition」が40%オフの7,192円。ウェポンスキル「オブシディアン」やレガシーオペレーター、さらにYear2passなどが付属する「Tom Clancy's Rainbow Six Siege - Complete Edition」が40%オフの8,748円。

・DARK SOULS III - 75%オフの1,871円

その難易度の高さから、「死にゲー」として有名な国産アクションRPG。とはいえ、「面白くてたまらない死にゲー」なのでご安心を。プレイヤーは滅び行く世界の中、たった1人で冒険し、探索やバトルを通じて成長する。成長するのはキャラクターか、それともプレイヤー自身なのか。

・Middle-earth: Shadow of War - 30%オフの5,518円

あの「指輪物語」をベースにしたオープンワールドアクションRPG。冥王サウロンに呪いをかけられた主人公が、復讐を果たすためオークの軍勢を指揮してモルドールを支配することが目的だ。ゲームシステムは複雑なものになっているものの、そのシステムを使いこなした時の楽しさと重厚なストーリーは何者にも代えがたい興奮を与えてくれる。

本編に加えふたつの拡張セットとアイテムがセットになった「Middle-earth: Shadow of War Silver Edition」も30%オフの6,860円。4つの拡張セットとアイテムがセットになった「Middle-earth: Shadow of War Gold Edition」も30%オフで8,542円となる。

・TEKKEN 7 - 50%オフの4,428円

もう説明不要と思われるほどの有名な格闘ゲーム「鉄拳」シリーズ最新作。史上最大の親子喧嘩の行方はいったいどうなるのか。DLCでは飢狼伝説から悪のカリスマ「ギース・ハワード」が参戦。3つのDLCを含むシーズンパスがセットになった「TEKKEN 7 Deluxe Edition」は40%オフの6,934円となる。

・METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN - 31%オフの2,965円

世界中のゲーマーから愛されているステルスアクション「メタルギア」シリーズの8作目。序章となるGROUND ZEROESと、本編となるTHE PHANTOM PAIN、さらに各種DLCがセットになっている。

・Planet Coaster - 75%オフの1,145円

子供のころに楽しんだ遊園地を、大人になったら運営する側に回ろう。というコンセプトがあるのかないのかは知らないが、美しいグラフィックスで楽しめる遊園地運営シミュレーション。お客様が楽しく快適に過ごせたうえで、儲けられるように遊園地をデザインしよう。ジェットコースターを自分でエディットすることもできるほか、さらにそのコースターに乗ることもできる。お客そっちのけで楽しんでしまうかも。

・Quantum Break - 75%オフの995円

時間が崩壊してしまった世界で、時を操る能力を得た主人公が世界を救うために冒険を繰り広げるアクションアドベンチャー。プレイヤーの選択により、物語が変わっていく。ゲームムービーと実写ムービーが連動し、ゲームプレイを盛り上げてくれるのも特長。

・Hellblade: Senua's Sacrifice - 25%オフの2,235円

ヴァイキングの時代。ケルト人の女戦士が、死んだ恋人の魂を救うために冥府へと赴き、狂気と神話に満ちた世界での冒険を繰り広げるアクションアドベンチャー。

●プレイして損なしのインディーやマイナーゲーム10選

インディータイトルであったり、日本ではイマイチ知名度がなかったりするタイトルを、筆者の個人的な趣味でピックアップする。

・Undertale - 50%オフの490円

インディーズゲームながら驚異的なヒット作となったRPG。見下ろし型の懐かしい感じも受ける画面構成だが、戦闘ではモンスターと戦うだけでなく、交渉したり見逃したりといった行動が行なえる。メタ的な要素や独特の台詞回しなどが、ファンを惹きつけた。

・Orcs Must Die! 2 - 80%オフの810円

砦にわらわらとやってくるオークやコボルトなどの大群を、トラップを駆使して撃退していくタワーディフェンスアクション。話のつながりはあるもののそれほど気にしなくて良いが、前作「Orcs Must Die!」も同時に75%オフの245円となっているので、シリーズ物は最初からという人はそちらもどうぞ。1と2と全てのDLCがバンドルされた「Orcs Must Die! Franchise Pack」もあり、こちらは80%オフの810円。

・Depth - 75%オフの495円

サメだ! とはいえ、このサメは竜巻に巻き上げられて空を飛んだり、ゾンビになったり、地中を潜ってきたりはしないのでご安心を。まあサメは普通に海中にいるだけでも恐怖なわけですが。

プレイヤーはサメかダイバーとなり、ステルス、チームワークなどを駆使して、相手を追い詰める。登場するサメは、大型ザメ、イタチザメ、シュモクザメなどのほか、メガドロンも!

・Project Nimbus - 25%オフの1,537円

タイ生まれの高速ロボットシューティングアクション。日本のアニメ・ゲームにインスパイアされているとのことで、いい意味でどこかで見たような演出が多数出てくる。さらに日本語版のキャラクターボイスには、名塚佳織氏、藤原啓治氏、小清水亜美氏など、有名声優がずらりと並んでいる。

・INSIDE - 50%オフの990円

黒を基調にした美しいビジュアルと、ミステリアスな雰囲気がプレイヤーを引き込む横スクロールタイプのパズルアドベンチャー。テキストメッセージは存在せず、プレイヤーは見たままのものを自分で解釈していくことになる。謎の研究施設で、少年は何を見て、何に巻き込まれていくのか。

・The Long Dark - 75%オフの870円

このゲーム中で最大の敵は、寒さだ。極寒の荒野で、主人公がサバイバルをして生き抜くことが目的のサンドボックスゲーム。プレイヤーは思考力を駆使し、生きるために水と栄養を求めて冒険を繰り広げる。派手な内容ではないが、じっくりとやりこんでしまう魅力がある。

・Aragami - 46%オフの1,609円

主人公は忍者「アラガミ」。光の軍「カイホウ」と戦う謎の少女によって召喚された復讐のための存在である。プレイヤーはこのアラガミとなり、影から影へと飛び移れる特殊能力などを駆使して、カイホウと戦いを繰り広げていくアクションアドベンチャー。敵を殺すだけでなく、ステルス能力で回避するといったことも可能である。

・Detention - 50%オフの590円

1960年代の台湾の学校という、ゲームではあまり馴染みのない環境を舞台にした2Dタイプのホラーアドベンチャー。謎めいたシナリオと独特のグラフィックだけでなく、台湾ならではの文化が所々に出てくるのも面白い。

・2064: Read Only Memories - 20%オフの1,584円

人類が高度なサイバネティクス化や遺伝子操作技術、さらには自立思考型型AIまでを手に入れた2064年のNEOサンフランシスコが舞台となる、サイバーパンクアドベンチャーゲーム。

人と機械の境界が曖昧になった世界で、主人公はなにを見つけるのか。レトロな味わいの雰囲気とインタフェースは、制作者たちが「メガゾーン23」、「スナッチャー」、「ファイナルファンタジーVII」といったタイトルから影響を受けたモノだという。

・VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action - 34%オフの990円

「VA-11 Hall-A」はヴァルハラと読み、ゲーム内にあるバーの店名である。荒廃しディストピアとなったこの世界で、プレイヤーはヴァルハラのバーテンダーとして客たちと会話することで世界を知り、さらに提供するドリンクによって物語が変化していく。

こちらもサイバーパンクをテーマにしており、さらにレトロな雰囲気を持っているが、「2064: Read Only Memories」と似ている。

○他にも素晴らしいゲーム揃い

上に挙げた20タイトル以外にも、宇宙船制作シミュレーション「Kerbal Space Program」や、神話をベースにしたRTSの名作「Age of Mythology: Extended Edition」、パズルアクション「Portal 2」、FPSの名作「DOOM」シリーズなどなど海外作品でもセール品が目白押し。

さらには、「ダンガンロンパ」シリーズや「The Silver Case」、「Marvel vs. Capcom: Infinite」、「Vanquish」、「STEINS;GATE」といった国内作品も数多くラインナップしている。これだけあれば、どんなプレイヤーでも気に入るゲームが見つかるはずだ。

もうプレイする時間がなくても、とりあえず気になったものは買ってしまったほうがいい。ダウンロード版の積みゲーは、"場所を取らないからいくらでも積める"というとんでもなく素晴らしい利点があるからだ。

では、年末年越しも良いPCゲームライフを!