ベテラン自動車ライターのMJブロンディとフリーエディターの安ドが、深いような浅いようなクルマ談義をするクルマ連載です。今回は、発売されたばかりの新型カムリに試乗しました。「セダンの時代」を再来させるほどの魅力はあるのか!?

 

【登場人物】

MJブロンディ(清水草一)

日本中の貧乏フェラーリオーナーから絶大な人気を誇る大乗フェラーリ教の開祖。自動車評論家としてはもはやベテランの域で、様々な自動車専門誌や一般誌、Webなどに寄稿し、独自の視点でクルマを一刀両断しまくっています。

安ド

元ゲットナビ編集部員のフリーエディター。MJブロンディを慕い「殿」と呼んでいます。

 

【今月のクルマ】トヨタ カムリ

SPEC【G“レザーパッケージ”】●全長×全幅×全高:4885×1840×1445弌車両重量:1600圈パワーユニット:2487嫩称4気筒DOHC+モーター●最高出力:178PS(131kW)/5700rpm●最大トルク:22.5-m(221Nm)/3600-5200rpm●カタログ燃費:28.4/ℓ●329万4000〜419万5800円

 

「米国でのライバルは起亜のオプティマ」

安ド「殿! オッサンセダンのカムリが生まれ変わりました!」

MJ「うむ」

安ド「赤いボディカラーがいいですね!これがイメージカラーだそうですけど、オッサンもこれ乗ってハッスルしてほしいです!」

MJ「お前ももうすでにオッサンではないか」

安ド「はい!(41歳) ですから次のクルマは赤にしました!」

MJ「赤は人をハッスルさせるからな。速度取締りのパトカーもハッスルさせる」

安ド「その点は気をつけます!スタイルもいいですね!この低くてワイドなスタイリング、若々しいです!家族に媚びないイメージで。そんなに広そうに見えないけれど、実際には広い。そのあたりはさすがです!」

MJ「なにしろこれはアメリカのカローラ。大柄な国を代表するファミリーセダンであるからな」

安ド「それを変身させたトヨタはさすがですね!」

MJ「いや、遅すぎたくらいだ」

安ド「そうなんですか?」

MJ「北米でのカムリの最大のライバルは、ホンダのアコード……でもあるが、実は韓国車である」

安ド「そうなんですか!?」

MJ「新型カムリがターゲットにしたのは、ズバリ、起亜のオプティマと見た!」

安ド「まったく知りません!」

MJ「日本人はまったく知らぬであろう。俺もよく知らぬ」

安ド「ガクー!」

MJ「しかし起亜車をアメリカで見ると、明らかに日本車よりスタイリッシュでイケている。なにせデザイン総括はドイツ人。アウディのデザイナーだったペーター・シュライアーだ。いまや起亜は彼が社長を務めている」

安ド「デザイナーが社長ですか!」

MJ「それほどデザインに力を入れておるのだ。そしてこのクラスの北米向けファミリーセダンを、爛咼紂璽謄フルモンスター瓩吠僂┐燭里澄

安ド「起亜が先にですか?」

MJ「もう10年くらい前からだ。起亜の謳い文句は“タイガーノーズ”だが」

安ド「じゃ、カムリの“ビューティフルモンスター”は、その二番煎じなんですか!?」

MJ「ビューティフルモンスターという言葉は日本向けだろうが、まあそうだな」

安ド「それはショッキングです! で、走りのほうはどうでしょう?」

MJ「トヨタのハイブリッドとしてはパワフルなセッティングだな。特にパワーモードにすると、文字通りパワフルに走る。エコカーというイメージではないぞ」

安ド「ステアリングがボタンだらけで使いにくそうなのに、実際に乗ってみるとすぐ身体に馴染んで使いやすかったです。さすがトヨタ車という感じでした!」

MJ「まあ、なんだかんだいってオッサンはオッサンだがな。ちょっと若返ったオッサンだ」

安ド「ガクー!」

 

【注目パーツ01】インパネ加飾パネル

宝石をイメージした 雰囲気の良い内装

国産高級車のインパネにはよく木目パネルが採用されていますが、この加飾パネルはなんとも不思議な風合いの紋様です。なんでも宝石のタイガーアイをイメージしたそうですが、いい雰囲気で高級感を演出しております。

 

【注目パーツ02】ヘッドランプ

刃物を想像させる鋭い形状

最近トヨタ車で多く採用されているのが“キーンルック”。V字型のグリルとつり上がったヘッドライトの組み合わせで、知的なイメージを演出しています。ライトの形状は触るものを皆傷つけそうな鋭利な刃物のようです。

 

【注目パーツ03】アクセサリーコンセント&ソケット

これもトヨタのおもてなし

インパネ中央の付け根あたりにこっそりシガーソケットとUSB端子が設置されています。ドライバーからするとかなり使いやすい位置にふたつを並べているあたり、いかにも親切でユーザーフレンドリーな日本車らしさが感じられます。

 

【注目パーツ04】トランク

ターゲットユーザーはゴルフ好き

セダンといえばトランク。カムリはハイブリッドカーですが、バッテリーをリアシート下に設置しているので、トランクはゴルフバッグが4個入るほど広く設計されています。ゴルフ好きなオッサンたちも満足の一台です。

 

【注目パーツ05】トヨタ・セーフティ・ センスP

最新運転支援システムを総ざらい

ミリ波レーダーと単眼カメラを用いることで、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報、自動切替式ハイビームなど、様々な運転支援システムを搭載しています。クルーズコントロール用スイッチも整理されていて使いやすいです。

 

【注目パーツ06】ホイール

普通に見えてもかなりデカい

今回試乗したレザーパッケージには18インチアルミホイールが装着されています。20年前は18インチなんてスーパーカーか改造車しか履いていなかったものですが、いまやフツーのオッサンセダンも履くようになりました。

 

【注目パーツ07】ハイブリッドシステム

同クラスでトップレベルの低燃費

2.5ℓエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムは、かなりの小型軽量設計。そのぶん居住スペースを広くすることに成功しています。もちろん燃費性能もミドルセダンとしてはトップクラスを誇っています。

 

【注目パーツ08】2段グリル

大胆な大型グリルは半分ダミー

キーンルックによるスリムなアッパーグリルと、大胆過ぎるほど大きなロアグリルが対照的で、かなりインパクトがあるように見えます。しかしこのロアグリル、実は半分くらいしか穴が空いておらず半分はダミーです。

 

【注目パーツ09】おくだけ充電

挿さなくてもいい 簡単充電システム

オプション設定で、最新装備の「おくだけ充電」を装着できます。これは、その名のとおりこのトレイのうえにスマホをおくだけで勝手に充電されるという代物ですが、ワイヤレス充電規格Qiに対応したアイテムしか使えません。

 

【これぞ感動の細部だ】Cピラー

デザインの真価はピラーにあり

フロントの大胆なデザインに注目が集まりがちなカムリですが、このリアのCピラー(窓と窓の間の柱部分)にもデザインのポイントが潜んでいます。まず、トランクから続くラインが果敢にもCピラーの中央をぶった切るように突き通っていること。さらに、リアウインドウがピラーに合わせて湾曲しているあたりにも造形美が感じられます。