摂氏マイナス25度のフィンランド・ラップランドで、アストンマーティンのフラッグシップモデル「ヴァンキッシュ」次期型が、寒冷地テストを開始しました。

生産型LEDヘッドライトやカーボン製フロントスプリンターを装着し、刷新されたバンパーや大型ラジエーターグリルで威圧感が増しています。

パワートレインは、最高出力650ps、700psとも噂される5.2リットル V型12気筒ツインターボエンジンを搭載。次期型では、ライバルに789psのフェラーリ『812スーパーファスト』を始め、メルセデス『AMG S65 Coupe』やベントレー『コンチネンタルGT スピード』などを想定するスーパーGTに進化するはずです。

ワールドプレミアは、2018年秋と予想されています。

(APOLLO)

マイナス25度の極寒でのテストでも熱すぎる!? アストンマーティン ヴァンキッシュの次期型をキャッチ(http://clicccar.com/2017/12/25/542369/)