篠原涼子主演『民衆の敵』ついに最終話!ママさん市長、リコール成立か?

写真拡大

篠原涼子主演の連続ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)が、12月25日に最終話を迎える。

本作は、新米ママさん市議会議員の主人公・佐藤智子(篠原)が、声なき市民と向き合いながら、市政にはびこる悪や社会で起きている問題をぶった斬っていく姿をオリジナルで描く、痛快で爽快な市政エンタテインメント。篠原のほか、高橋一生が智子のライバル市議会議員・藤堂誠、古田新太が市議会のドン・犬崎和久、前田敦子と千葉雄大が、智子の同期議員の小出未亜と岡本遼、斎藤司が智子の選挙戦のライバルとなる園田龍太郎、そして、石田ゆり子が智子のよき理解者・平田和美をそれぞれ演じている。

最終話では、市長になった智子が、身に覚えのない不正献金疑惑、ニューポート計画反対などにより人気が急落、ついには“民衆の敵”というレッテルまで貼られてしまう。

智子は、和美から「前市長・河原田晶子(余貴美子)を追いやったのも、今回の件も、あおば市に奇妙な風が吹いているからだ」と教わる。和美は、ニューポートを作りたがっているのは犬崎和久(古田新太)ではなく、藤堂家ではないかとの疑いを持っていた。しかし、智子は誠のことを味方だと信じている。

そんな中、和美が誠に呼び出される。誠は犬崎会派、政務活動費の領収書コピーを大量に持ってきていた。不正流用の証拠として犬崎を告発することで、富田恭一(渡辺いっけい)の証言を引き出したいというのだ。そこで、和美は領収書の裏取りに動き出す。

一方の智子は富田に電話し続けるが、一向に通じない。富田は犬崎の事務所にいたのだ。犬崎は、智子のリコールに必要な署名の不足分を問う。若宮寛(若旦那)が答えると、犬崎は「不足分を金で解決しろ」と命令する。

翌日、智子のもとに富田がやって来た。智子が証言を依頼すると「自分には何の得もない」と言い、続けて「子どもの教育のために金が必要だ」と訴える。そして富田は、「自分を責める前にこんな世の中を責めてくれ」と言い放つ……。