その一杯、その一本が、老け顔の源になるs(depositphotos.com)

写真拡大

 年末・年始の飲み過ぎには、なにかと注意を怠るまい。そう思って臨んでも、ついついキャパ越えしてまで飲んでしまうのが、この時期の常である。

 が、無礼講な酒席や二次会での「過度の飲み過ぎ」だけはやはり慎みたい。しかも当初の非喫煙組への遠慮もどこへやら、杯を重ねるほどに辺り構わずスパスパという「酒もタバコも派」の方々はどうか、以下の記事を熟読してほしい。とりわけ女性層は必読!

実年齢よりも老けて見えやすい!

 酒類の飲み過ぎや人一倍の喫煙習慣は、深刻な健康リスクをもたらすばかりか、その人の見た目(外見)をも左右しかない影響を及ぼす――。

 そんな可能性が、南デンマーク大学(デンマーク)のAnne L. Schou氏らによる最新研究によって示唆され、『Journal of Epidemiology & Community Health』12月号で報告された。

 研究陣の見解によれば、人並み以上に酒もタバコも(あるいは酒かタバコのいずれかを)嗜む習慣のある人の場合、目や耳の部位に「老化のサイン(徴候)」が現われるのが早い傾向にあり、「実年齢よりも老けて見えやすい」ことが判明したという。

一杯と一服から老化が...

 美容面でも興味深い今回の観察研究に際しては、21〜93歳までのデンマーク人、その数1万1613名を、約12年間にわたって追跡調査した「コペンハーゲン市心臓研究(CCHS研究)」の信頼に足るデータが用いられた。

 ちなみに対象者の週当たりの平均飲酒量は、男性で11.4杯/女性で2.6杯。一方、喫煙者の割合は、男性で67%/女性で57%を占めていた。

 では、過度の飲酒や喫煙がもたらす外見への影響度とはいかなるものか? 研究班は「老化の徴候」が見た目からも判るとされている以下4点の発生に着目し、観察を実施した。

[礁椶粒冕貅囲に見られる不明瞭な灰色の輪(=角膜環)
⊂紊泙屬燭砲任る黄色の結節(=眼瞼黄色腫)
耳たぶの深い襞(=フランク徴候)
っ棒型禿頭症

 さて、ここから先の解析結果は(躊躇する思いを越えて)どうか、手鏡を片手に御自身の容貌と向き合いながらお読みいただきたい。

 Schou氏らの解析によれば、愛煙層の喫煙量が増えるに従って、ヽ冕豐弔鉢眼瞼黄色腫、さらにフランク徴候を生じるリスクは上昇していた。

酒焼けとタバコ顔

 日本語でも「タバコ顔」とか「喫煙者容貌」とも表され、愛煙家特有の老化を指すスモーカーズ・フェイス(smoker's face)というコトバがあるのをご存じだろうか?

 頬はこけ、顔色も暗く沈みがちに見え、独特な深いシワが刻まれており、唇も紫がかって......おまけにガラガラ声(スモーカーズヴォイス)が付いてくれば満貫! いいや、40代を迎える頃にはもう立派な、喫煙者容貌の完成形が自ら鏡で拝めることだろう。

 1本のタバコだけでも、ニコチンが血管を収縮させ、ビタミンCを破壊し、活性酸素が増えて、一酸化炭素が取り込まれる。タール成分が肌の色を悪くし、黒ずみや口臭の原因にもなる。自らプカプカと吹かす紫煙で顔をしかめ続けていれば、その間はコラーゲンの合成が行なわれないで、その部位にはシワが刻まれる......。

 そう聞けば、「大晦日に最後の一服をして」「来年こそ禁煙するぞ」的なオンナ計画も早まるのではなかろうか。

 では、愛酒層の影響はどうかといえば、ヽ冕豐弔鉢フランク徴候のリスクに関連しているのが認められた。なお、嗜む程度の少量派から人並み級(中等量)の飲酒層の場合、これらの徴候が見られるリスクへの影響はとくにない点も判明した。やはり「ほどほど」がいいのだろう。

 もっとも今回の観察研究、ストレスに代表される(飲酒や喫煙以外の)老化関連因子による影響を除外できていない点などの限界もある。要は、飲酒や喫煙が「外見を老けさせる」という因果関係を示したものではない。

 「だが、飲酒も喫煙も『老化の徴候』に関連しており、その影響で実際の年齢よりも老けて見えるような傾向が、我々の積極的な試みで初めて明らかにされたと自負している」とSchou氏ら研究陣は今回の成果を踏まえ、そう見解を述べている。

 加えて、こうも言う。「この結果は、過度の飲酒や喫煙が『全般的な身体の老化』を促進することを反映したものだと考えている」――。

 とかく暴飲暴食気味となるこの季節、彼らのコトバをお守りとして酒宴に臨むのも一考かもしれない。その一杯、その一本が、老け顔の源になるのだから。
(文=編集部)