25日、韓国・テレビ朝鮮が、前日夜のクリスマスイブのソウルの街の様子を報じた。聖堂に集い祈りをささげる市民がいる一方で、人々が立ち去った街のそこここにごみの山が残されていたという。写真は明洞聖堂。

写真拡大

2017年12月25日、韓国・テレビ朝鮮が、前日夜のクリスマスイブのソウルの街の様子を報じた。聖堂に集い祈りをささげる市民がいる一方で、人々が立ち去った街のそこここにごみの山が残されていたという。

グルメやショッピングを目的に外国人観光客も多く訪れるソウルの繁華街・明洞(ミョンドン)。一角にある明洞聖堂は韓国カトリック教会を代表する聖堂で、韓国ドラマのロケ地ともなってきた観光スポットでもある。クリスマスイブの24日夜は、聖堂を彩るイルミネーションを背景に記念撮影をする子ども連れや恋人たちでにぎわい、聖堂内ではクリスマスミサがささげられた。

しかし夜が更け大勢の人波が引いた後、街に残されていたのはごみの山だ。明洞の路上には食べ残しの紙皿が転がり、ベンチに乱雑に放置されたごみもある。道端には分別用のごみ箱も並んでいるがどこもごみがあふれそうになっており、正しく分別されているようには見えない。そのごみを回収する清掃員たちも「普段に比べて量が多い。定期的にごみ袋を設置して片付けている。未明まで片付けを続ける」と苦労を口にする。

テレビ朝鮮は「光り輝くクリスマスイブ、市民意識はお粗末なものだった」とリポートした。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「学生街で一人暮らしをしてるけど、ごみを袋に入れずに捨てる人が多過ぎる」「私は常にビニール袋を持ち歩いて、外出先で出たごみは持ち帰って捨てる。それが常識だと思う。あまりにも未開だ」などの声が相次ぎ、日本や中国と比較して「日本は道端でごみがあまり見られない」「日本は嫌いだけど市民意識の高さは認める」「韓国人に中国のことをたたく資格などない」というコメントも寄せられている。

また、「クリスマスにお酒を飲んで大騒ぎするぐらいなら、祝日をやめた方がいい(12月25日は韓国でキリストの誕生を祝う聖誕節の祝日)」「クリスマスといういい日なのだから、人々の意識も伴う日が来ますように…」と願う声も上がった。

さらに「昨日今日に始まったことでもない(笑)。どうせ来年も同じような記事が出るだろう」との声もあった。(翻訳・編集/松村)