sora tob sakanaの主催ライブ「sora tob sakana presents『天体の音楽会』」第1弾出演アーティストが発表された

写真拡大

sora tob sakanaが、2018年2月12日(月)に東京・中野サンプラザで主催ライブ「sora tob sakana presents『天体の音楽会』」を開催することを発表。イベントタイトルの解禁に併せて、第1弾出演アーティストも発表され、謎のベールに包まれていたイベントの詳細が一部明かされた。

1年前のインタビューで、女子高生への憧れを語っていたふぅちゃん(神崎風花)

第1弾出演アーティストの4人組ニューエイジ・ポップ・ユニット「Maison book girl」と、2人組アイドルユニット「amiinA」は、12月21日の「sora tob sakana定期公演」で先行して発表。どちらもsora tob sakanaとは繋がりの強いアーティストで、会場からは歓声が上がった。

続けて発表されたアーティストは、sora tob sakanaを手掛ける音楽プロデューサー・照井順政が率いるオルタナティヴ・ロックバンド「siraph」と、現在国内外から高い人気を誇る4人組ロックバンド「tricot」。

音楽プロデューサー自らのアーティスト出演に加え、「FUJI ROCK FESTIVAL」や「ROCK IN JAPAN」などの大型フェスに多数出演する大型アーティストの出演発表に、会場のファンは驚きに包まれた。

そして最後は、sora tob sakanaの楽曲をバンドによる生演奏で見せる「sora tob sakana band set」の出演も明らかにされ、この日1番の歓声が会場を揺らした。

2017年4月に行われたバンド編成によるパフォーマンスは、ファンの間でもプレミアムなライブとして語られるほどの大成功を収めていることから、その期待度は今もなお高い。

今回の第1弾出演者発表は、アイドルとロックバンドという異色のものだが、いずれのアーティストもアイドルファンのみならず、音楽ファン注目のラインナップ。メンバーの寺口夏花は、「今までにない主催ライブにして、最高の中野サンプラザにします! ぜひ来てください〜!」とメッセージを送った。(ザテレビジョン)