ビートたけし

写真拡大

12月24日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)の年末スペシャルで、ビートたけしが亡き母の最期について語った。

【写真】母親が亡くなった時「火葬場で灰の中からスチールが出てきた」のを見て崩れ落ちたというビートたけし

スタジオには著書「安楽死で死なせて下さい」がベストセラーとなった脚本家・橋田壽賀子氏も登場。

92歳の橋田氏は、「90(歳)過ぎると急に肉体の衰えを感じる」と心境を説明。

「生きてることに意味がなくなったら安楽死させてください、という遺言は書いてある」と明かした。

たけしは「85過ぎたら生死の判断は自分でつけていいっていう法律」を以前から作るべきだと考えており、「意思表示できる間にしておくべき」と橋田氏の意見に共感する部分もある様子。

だが、「自分のことなら、いつくたばってもいいや」と思えるが、「兄貴とか姉さん(が安楽死する)となると『ちょっと待ってよ』『もうちょっと生きてよ』ってなっちゃう」と、たけしは複雑な心境を吐露する。

さらに、親の死を見送る子どもの立場の話題になると、たけしは「お袋の時はつらかったな〜」とポツリ。

続けて、歳をとって歩けなくなった母親の足に、補強用のスチールを入れた時のいきさつをたけしは語り始める。

「うちの母ちゃん痛がるしなぁ」と悩みながらも、母親が歩けるようになるんだったら、という一心でスチールを入れる手術に同意したたけし。

だが、手術後も歩けるようにはならず、母親はスチールを入れた足を痛がるばかり。

その後、母親が亡くなった時、「火葬場で灰の中からスチールが出てきた」「あれ見た時は崩れ落ちたよ」と、たけしは悲哀に満ちた表情を浮かべた。

次回の「ビートたけしのTVタックル」は2018年1月7日(日)放送予定。(ザテレビジョン)