25日、中国版ツイッター・微博で、フィギュアスケートの羽生結弦が平昌五輪代表に選出されたことを伝える投稿があった。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年12月25日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、フィギュアスケートの羽生結弦が平昌五輪代表に選出されたことを伝える投稿があった。

日本スケート連盟は24日、フィギュアスケートの全日本選手権終了後、平昌五輪代表を発表した。男子はけがで全日本選手権に出場できなかった羽生結弦、全日本選手権で優勝した宇野昌磨、準優勝の田中刑事が選出された。羽生結弦は、日本スケート連盟の定める救済措置によって選出された。

女子では、浅田真央の引退後、ずっと日本の王座を守ってきた宮原知子と、全日本選手権で2位となった17歳の坂本花織が選ばれた。注目に値するのは、ソチ五輪金メダルの羽生結弦以外は、五輪初出場となることだ。

これに対し、中国のネットユーザーから「羽生結弦の4文字を見て感動した」「羽生結弦の4文字を見ただけで心臓が一瞬止まった」「羽生結弦の4文字には特別な力がある。偉大で神聖だ」などのコメントが寄せられた。

また、「素晴らしいクリスマスプレゼントになったよ」「この結果は分かっていたけど、それでも羽生の名前を聞いたときはうれしくなった。表彰台の一番高い所に乗っているのを見たかのようだ」など、喜びを表すユーザーも多かった。

ほかには、「心配なことがたくさんある。私がこれまで18年1度も大けがをしたことがないこの運を彼に分けてあげたい」というユーザーもいて、けがを心配する声も少なくなかった。(翻訳・編集/山中)