いらないだろ!! 偽造免許で捕まったナビ・ケイタが新車を購入…

写真拡大

▽“ライプツィヒの悪童”ギニア代表MFナビ・ケイタ(22)が、偽造免許提出容疑がかけられている最中に新車を購入したようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。

▽ケイタは2016年12月と2017年1月にライプツィヒの地元警察に対して母国であるギニアの運転免許証を提出した。しかし後に、これが偽造免許証であったことが発覚。ケイタに対してライプツィヒの裁判所は41万5000ユーロ(約5600万円)の罰金処分を科している。

▽しかしケイタはこの判決を不服として、弁護士を通して控訴を行った模様。現在は審議中で、来年3月に判決が出るだろうと言われている。

▽処分が確定していないものの世間的に厳しい目に晒されているケイタだが、本人は動じず。『ビルト』によると同選手は先日、メルセデス・ベンツの真っ赤なGクラスAMGを購入したようでそのお値段は、14万5000ユーロ(約1900万円)。偽造免許で一度は捕まった同選手だが、新車を運転するときは本物の免許証を携帯しているのだろうか?