香港映画『29+1』が、『29歳問題』の邦題で、2018年春、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次公開されることが決定した。

参考:大林宣彦監督の圧倒的な執念ーー『花筐/HANAGATAMI』の幻惑的で自由な映画世界

 本作は、女優でありながら脚本や演出までこなす舞台演劇界の第一人者であるキーレン・パンの初監督作品。監督自身が香港で12年間演じ続け、ロングランヒットを飛ばした一人芝居の舞台劇を自らの手により映画化。30歳の誕生日をひと月後に控えた、ヨックワンが急遽借りた部屋は、あるじの女性ティンロがパリ旅行で留守している間の仮住まい。部屋にあったティンロの日記を読み進めたヨックワンは、楽天的なティンロの幸せそうな日常に惹かれていく。

 香港での劇場公開時は、興行ベストテン7週連続、観客動員20万人を超える大ヒットを記録した。

 まもなく30歳を迎える崖っぷちの女・若君(ヨックワン)を演じるのは、モデル・女優として香港で活躍するクリッシー・チャウ。そして、彼女が出会う“もう一人の29歳”天楽(ティンロ)を、俳優アダム・チェンとタレントのリディア・サムを両親に持つ香港芸能界サラブレッドのジョイス・チェンが演じる。(リアルサウンド編集部)