『ごちうさ』DJイベントにみる、“アニクラ”文化の歴史と発展

写真拡大

 TVアニメ『ご注文はうさぎですか?』(以下:ごちうさ)より、2018年1月13日に東京・豊洲PITにてDJイベント『ご注文はDJ Nightですか??』が開催される。同イベントは、アニメ作品規模で開催されるDJイベントとしては過去最大を誇るものだ。

(関連:鈴木このみの“歌の強さ”をどう活かす? 作詞家・坂井竜二&作曲家・白戸佑輔が語り合う

 『ごちうさ』は、『まんがタイムきららMAX』(芳文社)で連載中である同名人気漫画のTVアニメ作品。喫茶店ラビットハウスを舞台に、天真爛漫な少女・ココアや、オーナーの孫娘で内気な少女・チノの日常を描いた物語である。同作の劇場版である『ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜』も、11月11日より全国でロードショーされている。『ご注文はDJ Nightですか??』は、同アニメの主題歌「Daydream café」をはじめとする『ごちうさ』シリーズの楽曲のみがプレイされるアニソンクラブイベント(=アニクラ:クラブミュージックに代わり、DJによってアニメソングや声優アーティストによる作品、キャラクターソングなどがプレイされるクラブイベント形態の一種)。同作のキャラクターソング「Eを探す日常」を手掛けたPandaBoYのほか、アニソンDJとしても活動するDJ WILDPARTYとDJ和が出演。さらに、同作に登場するマヤのキャラクターボイスを務める声優 徳井青空も出演し、自身初のDJプレイを行うことを発表した。そんな『ごちうさ』は、これまでDJ文化と関わりの深い作品展開を行なってきた。

 『ごちうさ』関連の作品として、2015年8月に『ごちうさDJブレンド/ご注文はうさぎですか?キャラクターソングメドレー』がリリースされている。同作は、TVアニメ第1期主題歌やキャラクターソング全18曲をノンストップで繋いだミックスCDで、アニメ作品によるミックスCDのリリースは極めて稀なものだ。また同年12月には、出演声優の水瀬いのりらがチノの誕生日を祝うイベント『CHINO Birthday Party』を開催。イベントでは、ゲストとして招かれたラテアート職人がチノのイラストが描かれたラテアートを製作する際、バックDJとしてPandaBoYが登場し、『ごちうさ』楽曲でのDJプレイを披露。BGMを用いるのではなく、DJを招いていることや先述のミックスCDのリリースなど、制作陣のDJ文化への敬愛を感じられる。『ごちうさ』楽曲の歴史を語る上で、DJという要素を欠かすことはできないといえるだろう。

 そんな『ごちうさDJブレンド』のリリースや、『ご注文はDJ Nightですか??』の開催は、近年のアニクラ文化の発展に礎を持つ。そして、その発展には、東京・秋葉原に所在する秋葉原MOGRAが深く関わっている。同店は、2009年8月にアニソンDJバーとしてオープンし、アニソン原曲を用いる『アニソンインデックス!!』や、リミックス楽曲の使用を主とする『ANISON MATRIX!! -アニソンマトリクス』などのイベントを毎月開催。川崎・club 月あかり夢てらす(神奈川県)とともに、当時の関東において黎明期であったアニクラシーンの発展に大きく貢献してきた。また、MOGRAとともに、シーン発展の一翼を担ったのが、都市型野外音楽パーティの『Re:animation』(リアニ)だ。同イベントは2010年12月より始動した、リミックス音源を主とするアニクラであり、これまで新木場ageHaなどにて不定期で開催。現在は全国各地で開催されているアニクラだが、当時はまだクラブでアニソンを流せる環境や文化的背景の理解が整ってはいなかった。そんなアニクラ文化の発展要因のひとつとして、ファッション、音楽、アニメを軸に、2000年代半ばから後半にかけて渋谷にて開催されたイベント『DENPA!!!』の存在がある。あわせて、MOGRAやリアニの影響によるアニソンDJの増加及び彼らによる地方での小規模アニクラの開催、そしてMOGRAやリアニのフォロワーの増加が挙げられる。アニクラはこのような歴史を踏み、2010年初期から中期にかけ、地方都市や海外でも開催されるようになった。

 そんなアニクラも、2010年代が折り返す頃より、『リスアニ!ナイト』や『AJ Night』などの、公式によるイベントが開催されるようになった。『リスアニ!ナイト』は、2014年5月始動の、アニメ・アニメ音楽専門雑誌『リスアニ!』の手掛けるクラブイベント。アニソンや声優アーティスト楽曲の音楽作家が多数出演するのが特徴だ。今年8月には『リスアニ!PARK Vol.01』と称し、新田恵海をはじめとするアーティストによるライブ、DJ&VJプレイ、さらには飲食ブースを展開する大型イベントも開催された。一方の『AJ Night』は、2015年3月始動の、日本最大級のアニメイベント『AnimeJapan』が手掛けるクラブイベント。アニソンDJや音楽作家のほか、アニソンシンガーや声優アーティストが出演者の半数以上を占めるのが特徴で、これまで久保ユリカや内田真礼といった人気声優が出演している。また、アニクラ文化の発展を語る上で、『ANIMAX MUSIX』にも言及したい。同イベントは、毎年冬に横浜と大阪で開催されるアニソン“ライブ”イベント。ライブ開演前には、DJ和による簡易型のアニクライベントが会場内ロビーにて開催される。声優やアーティストが多数出演するライブ会場にてアニクラを開くことで、従来のアニクラフォロワーにとどまらない層に同文化の魅力を届ける契機を与えている。

 あわせて、アニクラ文化の発展過程で、声優までもがDJとしてステージに立つようになった。TVアニメ『THE IDOLM@STER』で天海春香を演じる中村繪里子は、2015年8月よりDJ連載企画『中村繪里子のNAKAMURA IN THE HOUSE!!』を開始。MOGRAにて『ANISON MATRIX!! -アニソンマトリクス』を主宰するDJのChefobaを講師に招き、中村が手解きを受けている。中村はこの後、2015年9月に恵比寿・LIQUIDROOMにて開催された『リスアニ!ナイト Vol.05』に出演した際にDJの腕前を披露している。また、声優アイドルユニット i☆Risのメンバーである澁谷梓希も、現在“DJずっfrom i☆Ris”として活動しており、『さーくるふぁいあー!!vol.2』などに出演。アニクラ文化に対し、DJだけでなく、声優サイドからもアプローチがなされたことは、同文化の発展に大きく影響している。

 さらに、最近ではアニメ作品規模でのクラブイベントも開催されている。今年7月より開催された、アニソンエンターテインメントカフェである「アニON STATION」とのコラボイベント『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場×アニON STATION しんげきカフェ』では、同シリーズの楽曲を手掛けているTaku Inoueと佐藤貴文がDJを披露。また、TVアニメ『アイカツスターズ!』(テレビ東京系)も、同じくアニON STATIONとコラボし、全国8都市でDJツアーを開催中。2018年3月23日には、新木場ageHaにて「音楽と遭遇しよう」をテーマとしたツアーファイナルイベント『AIKATSU! ANION ALL-MIX』を開催する。加えて、アニクラ文化の発展には、アニソン自体のクラブミュージック化も影響している。『アイドルマスター シンデレラガールズ』の「Hotel Moonside」、『アイカツ!』の「カレンダーガール」、『ラブライブ!』の「Shangri-La Shower」など、打ち込みの力強いキックや煌びやかなシンセサイザーのメロディ、あるいはドラムンベースのサウンドなどが特徴的な楽曲が、近年のアニソンシーンにおいて急増した。アニソン自体がクラブチューン化したことで、DJもそれらの楽曲をイベントにて使用しやすくなり、よりアニクラが広まる要因となったのだろう。

 以上のような歴史のもと、現在のアニクラ文化はひとつの成熟を迎えた。『ご注文はDJ Nightですか??』の豊洲PITでの開催や、徳井青空のDJ出演は、これまでのアニクラ文化の発展あってのものだろう。本稿を機にアニクラ文化に触れてみることが今後、アニソンへの音楽的理解をさらに深めるひとつのきっかけとなるかもしれない。(青木皓太)