元銀座ホステス&開運アドバイザーが選ぶ、2017年の感動レストランはここ!

写真拡大 (全4枚)

食べログマガジンのグルメな執筆陣が教える「2017年の感動レストラン」を短期集中連載でお届け。今回は、元銀座ホステスで現在は開運アドバイザー、タロット占い師として活躍するあの人。

【2017年の感動レストラン】


今年も残すところ、あとわずか。2017年も多くの新店が誕生し、食のトレンド情報が飛び交いました。そこで、最新グルメ情報を熟知した食べログマガジンの執筆陣に、今年一番印象に残ったレストランについて質問!

今回は、連載「開運!氣になるレストラン」の執筆者、藤島佑雪さんにお答えいただきました。

◇プロフィール

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)

元銀座のクラブホステス。現在は開運アドバイザー&タロット占い師。『an・an web』にてお悩み相談「クラブ佑雪」、『VOGUE JAPAN』WEBサイトにて「元ホステス・藤島佑雪が教える開運↑美女になる方法」連載中。夢は名門雑誌『山と渓谷』に執筆すること。無料タロット占い受付中。占いたい方はline@ID の@yousetsu に占いたい内容の詳細(内容が詳しいほど、答えも詳しくなります)を送ってください。タイミングが合えば、お返事いたします!

Q 2017年で一番印象に残ったレストランは?


 

出典:お店から

A 南麻布「茶禅華」


店の中に昇り竜がいます! ここはいきなり2つ星をとると思いましたが、やはりとりましたね。おそらく日本で初めての中国料理での3つ星をとるでしょう。

「茶禅華」の川田シェフの師匠のお店「日本料理 龍吟」と同じ天に向かって登っていく龍がいますから。ここに行くだけで、出世の気がもらえます。

Q 印象に残った料理は?


出典:お店から

A 「お魚料理」


串を打って炭火で焼き、寝かせ、焼き、寝かせを繰り返すという龍吟仕込みの技法で焼き上げたフワッフワの身を調味で中国料理に仕上げる技とセンスがすごい。

自分の中に潜む、龍を呼び覚ましてくれる一品。これをいただくことで出世のパワーが得られます。

お魚の身のごとく、卓越した技でつくりあげるフワフワのやわらかさのあるひと、アイデアがトップへ行くのです。

Q 2018年に行きたいレストランは?


A 神田駅「ブラインドドンキー」


“日本を100%オーガニックにする”という理想を掲げるレストラン。「ブラインドドンキー」のシェフ・ジェロームは、わたくしも大好きなカリフォルニア「シェ・パニース」のシェフでした。彼の料理観には“より自然に生きる”という、まるで老荘思想のような哲学があります。

オーガニック素材そのものもそうですが、濃厚に煮詰めるソースではなく、スーッと流れるようなソースにも「そのままでいい」という肯定のメッセージがあるんですよね。

野放しで野蛮なありのままではなく、手をかけて洗練されたありのまま。これを人間の生き方に置き換えると、まさに開運する生き方になるんです。食を通じて、開運する生き方を提案しているレストランだと思います。

Q 2018年の気になるフードトレンドは?


A 外苑前や青山一帯エリア


東京オリンピックが終わるまでは、ひとまず国立競技場を中心とする、外苑前や青山一帯に上昇気流が渦巻いています。今後もそのエリアにオープンするお店には注目ですね。

次回は、あの食通の感動レストランが明らかに。お楽しみに!