ナビゲーション総合サービス「NAVITIME」を手がけるナビタイムジャパンが、12月19日より、Android OS向け「NAVITIME」で 、飲み会などで終電を逃してしまった人向けに、「終電後に帰れるルート」の提供をスタート。iOS向け「NAVITIME」でも近日、同機能への対応を予定しているという。

これまでは、終電後にルート検索をすると、始発電車やタクシーのみを利用したルートが表示されていたが、新しい機能では、「電車・深夜バスを含む公共交通機関で行けるところまで行って、そこからタクシーを使う」ルートを教えてくれる。

同機能は一本でも遅い電車・バスを使うことに特化。目的地周辺の駅までの最も遅い電車やバスと、そこからのタクシーを組み合わせることで、料金を抑えて始発を待たずに自宅に帰れるルートを表示できるようになった。

無料で利用でき、ユーザー側の特別な設定は不要。終電検索や終電前後時刻発のルート検索時に、通常の検索結果に加えて、対象のルートがある場合に「終電後に帰れるルート」が提示される。

同社によれば、ユーザーから要望が多かった機能とのことで、確かにTwitterでは、

“いいね!これ重要!”
“痒いところに手が届いてるなぁ(笑)”
“乗り過ごしちゃったりとかしたときに役立ちそうだ”

など、歓迎する声がみられるが、

“田舎だとタクシーすら営業終了していたりする。”
“面白そうだけどわたしの地元なんかド田舎だし夜中はタクシーのおっちゃん達も帰っちゃうから徒歩しかルート出てこなさそうw”

など、結局都心部のユーザーしか使えないのでは……という指摘や、

“近隣の宿泊施設の空き状況&料金提示して、帰るのとどっちが良いか比較させてくれる機能も希望。”
“近くのホテルに泊まった方が安いっていうのも提案してくれたらなぁ…”
“「終電後から始発まで時間をつぶせる場所」を探す機能もほしい・・・”

と、さらなる機能拡充を望む声も。

なるべくならお世話になりたくないところだが、頼りになるアプリがあるのとないのとでは、安心感が違う!?
(花賀 太)

■関連リンク
・『NAVITIME』、「終電後に帰れるルート」を提供開始|ナビタイム
http://corporate.navitime.co.jp/topics/pr/201712/19_4327.html

・『NAVITIME』アプリ(Android / iOS)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.navitime
https://itunes.apple.com/jp/app/id365876050?mt=8