桜庭ななみが「RAILWAYS」シリーズ最新作「かぞくいろ」に出演

写真拡大

地方のローカル線を舞台に、人と人とのつながりや、自分の生き方を見詰め直す姿を温かく描き、多くの世代から愛される人気映画シリーズ「RAILWAYS」の最新作である、2018年に全国公開の有村架純主演映画「かぞくいろ」に、国際派女優としてアジアを中心に絶大な人気を誇る桜庭ななみの出演が決まった。

【写真を見る】九州西海岸の美しい風景の中を走る肥薩おれんじ鉄道も注目だ

本作は、シリーズ初となる「女性運転士」の物語。若くして夫を亡くし、夫の連れ子を抱えて夫の故郷の鹿児島で一念発起して鉄道の運転士を目指す主人公・晶(有村)と、晶の義父で最初はかたくなだったが、晶の明るさと孫の駿也と触れ合うことで徐々に心を通わせていく節夫(國村隼)による心の交流を描く。

今回出演が決まった桜庭は、駿也の担任教師で、晶と同い年ということもあり、互いに心を打ち解け合う佐々木ゆりを演じる。

物語の舞台となる鹿児島出身であり、2018年1月7日(日)スタートの大河ドラマ「西郷どん」(NHK総合)にも出演するという、当地に縁のある桜庭は「地元、鹿児島での映画の撮影は初めてなので、なじみ深い鹿児島で地元の人たちと触れ合いながら撮影できることを楽しみにしています」と、2018年1月のクランクインへ思いをはせた。

また、本シリーズのもう一つの主役である鉄道は、今回は九州の肥薩おれんじ鉄道が登場。熊本・八代から鹿児島・川内を結ぶ第三セクター鉄道で、九州西海岸の美しい風景の中を走り、地元の新鮮な食材を使用した食事をゆったりと楽しめる食堂車「おれんじ食堂」が人気を呼んでいる。

撮影は、桜庭の出身地でもある鹿児島や熊本など九州でのロケーションが予定されており、地元では早くも映画を盛り上げるべく熱い応援の声が上がっている。

■ STORY

25歳で子供連れの修平と結婚した晶(有村)は、突然夫を失ったことを父親の節夫(國村)に伝えるために、夫の故郷の鹿児島を訪れる。

突然の息子の死と、初めて会う嫁と孫に当惑する節夫。そして、東京に帰る場所を失った晶と駿也は、何とか節夫に頼み込み、鹿児島の家で一緒に暮らすことに。

血はつながっていないものの、母親として生きることを決意した晶は、鉄道が好きな駿也のために、節夫が務める肥薩おれんじ鉄道の運転士の試験を受ける。

また、駿也のクラス担任のゆり(桜庭)と晶は同い年ということもあり、互いの悩みを相談する間柄になっていく。ゆりを始めとする周囲の人々に支えられ、良き母、一人前の運転士になろうと奮闘する晶。

大切な人を失った悲しみをそれぞれが抱えながら、次々起こる出来事に必死に立ち向かう3人は果たして自分たちなりの家族のカタチを見つけることができるのか?

日本の美しい風景を走る鉄道とともに、迷いながらも成長していく人々の姿をすがすがしく描くハートウオーミングな物語が、2018年に日本中を温かい感動で包み込みそうだ。

あらためて桜庭は「今回一人で子供を産み、育てる選択をする女性を演じます。主人公のシングルマザーの晶と出会い、同じ境遇でお互いに励まし合いながら力強く生きる女性の格好良さを表現できたらと思います」と意気込みを語った。(ザテレビジョン)