タベアルキスト・マッキー牧元が選ぶ、2017年の感動レストランはここ!

写真拡大 (全5枚)

食べログマガジンのグルメな執筆陣が教える「2017年の感動レストラン」を短期集中連載でお届け。今回は、あらゆるメディアから引っ張りだこのマッキー牧元さんが登場!

【2017年の感動レストラン】


今年も残すところ、あとわずか。2017年も多くの新店が誕生し、食のトレンド情報が飛び交いました。そこで、最新グルメ情報を熟知した食べログマガジンの執筆陣に、今年一番印象に残ったレストランについて質問!

今回は、連載「外食力の鍛え方」の執筆者であり、グルメ界を代表するタベアルキストのマッキー牧元さんにお答えいただきました。

◇プロフィール
マッキー牧元(まっきーまきもと)
(株)味の手帖 取締役編集顧問 タベアルキスト。立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スイーツから居酒屋まで、年間600回外食をし、料理評論・紀行・雑誌寄稿、ラジオ・テレビに出演。「味の手帖」「料理王国」「食楽」他、連載多数。日本鍋奉行協会会長。著書に「東京・食のお作法」文藝春秋刊、「出世酒場」集英社刊ほか。

Q 2017年で一番印象に残ったレストランは?


出典:みつごとうさん

A 岡山県にある「acca」


常に自分を律し、一分の隙も許さずに、料理を繰り返し繰り返し、作り続けてきた人が到達した料理の凄みがあった。

Q 印象に残った料理は?


A「acca」の「ワタリガニと舌平目ミンチのリゾット ナスのサラダ添え」



Q 2018年に行きたいレストランは?


写真は「銀座レカン」出典:きゅいそんさん

A 「元レカン高良シェフのお店」


新たにこの春スタートする、元レカン高良シェフの店。新たなステージでこの才能あるシェフが何をやるのか? とても楽しみです。

Q  2018年の気になるフードトレンドは?


A ポストコロニアル


ポストコロニアルとは、引き算でも足し算でもない新概念、新哲学です。もうひとつ言えるのは、ミニマルサイズレストラン。一切の邪心や欲を捨て、極めて純粋に野菜や魚に寄り添う、ハイレベルな料理といえるでしょう。

次回は、あの食通の感動レストランが明らかに。お楽しみに!

マッキー牧元さんも制作に携わった卓上カレンダーが発売中


季節の中で旬のおいしい味に出会うことは、人生を何倍も楽しく
豊かなものにします。めくっていると、毎日おいしいものが食べたくなる
そんなカレンダー。
「あぁ今年は○○を食べそこねた」なんて残念な思いもせずにすむ、
食べることが好きな人のための、お腹がすくカレンダーです。 (引用)

気になる方はこちらから